プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

インバウンド振興研究分科会(2013)<第1回>

テーマ:わが国のインバウンド振興の現状と本分科会の活動

官民挙げて観光立国が推進される中、インバウンド振興の重要性が高まっています。インバウンド振興推進のスタート地点である自治体をはじめとした関係機関では、これまでの経験や蓄積を踏まえ、情報共有を図るとともに、効果的なメソッドの構築が求められています。

こうした中、プラチナ社会研究会では、弊社も参画し、産学官が連携してインバウンドについての調査研究・分析を実施している「インバウンド研究会(代表:首都大学東京 教授 本保芳明氏、株式会社ぐるなび総研 代表取締役社長 滝久雄氏)」の成果を活用することを前提に、本分科会を設置しました。

地域におけるインバウンド推進マネージャーとなるべき、自治体、地方シンクタンク、地域金融機関の皆様の積極的なご参加をお待ちしてます。

概要

開催回:

第1回

日時:

2013年9月5日(木)15時00分 ~ 17時00分

場所:

株式会社三菱総合研究所 4階 大会議室CD

プログラム:

(予定)
開会挨拶
  株式会社三菱総合研究所 常務執行役員 本多 均
講演「わが国のインバウンド振興の現状説明」
  首都大学東京 教授/インバウンド研究会 代表 本保 芳明氏   
分科会会員自己紹介
  ※ご出席の皆様より、インバウンド振興あるいは振興支援についての
   問題意識・課題等とあわせて、自己紹介を頂きます。
  (各1~2分程度)
現状及び課題共有アンケートについてのお願い
今後の活動計画のご説明

申込方法

9月3日(火)まで

    *本分科会に会員登録の上、ご参加ください(会員登録の方法は下欄参照)。
    *会員登録の際に、「第1回分科会参加」と記載してください。
    *第1回分科会へのご参加は、定員になり次第、締め切らせていただきます。

会員登録方法

メールで下記を記載し、p38inbound-p@mri.co.jp宛てにお申込みください。
(1)氏名 (2)団体名 (3)部署名 (4)役職 (5)メールアドレス

会費

無料

本分科会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会 インバウンド振興研究分科会事務局
担当:川上・檜垣・菅原・宮崎
E-mail: p38inbound-p@mri.co.jp

関連する分科会

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録