プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

2050年への政策ビジョン

 

東京大学
三菱総合研究所 未来社会研究チーム
Proprius共同研究

希望ある未来社会を実現するために今、何をすべきか
2050年への政策ビジョン

本報告書の位置付け

東京大学と(株)三菱総合研究所は2005年5月から、Proprius21共同研究の枠組みにより、未来俯瞰研究「不連続社会の政策決定手法に関する研究」を実施した。共同研究に当たり、東京大学と三菱総研は以下の共同研究チームを組織した。研究チームの役割は東京大学チームが個別分野の研究・調査を担当し、三菱総研チームは東京大学の研究・調査成果を活用しシナリオプランニングによる研究を担当した。本報告書は、その研究成果をもとに、三菱総合研究所の研究チームが対外発信向けに作成したものである。

三菱総合研究所 未来社会研究チームリーダー 参与 村上 清明

 

  • 東大チーム
    • リーダー  堀  雅文 産学連携本部 特任教授
    • メンバー
      • 太田 与洋 産学連携本部 教授
      • 須藤 修  情報学環 教授
      • 川島 博之 農学生命科学研究科 准教授
      • 酒井 康行 生産技術研究所 教授 (前 医学系研究科 准教授)
      • 下ヶ橋雅樹 東京農工大学大学院工学府 特任准教授 (前 東京大学産学連携本部 特任准教授)
    • 松本三和夫 人文社会系研究科教授には、批判的助言も含め、全般にわたり、ご指導をいただいた。 
  • 三菱総研チーム
    • リーダー  村上 清明 科学技術部門統括室 参与
    • メンバー
      • 佐野 紳也 経営コンサルティング本部 主席研究員
      • 後藤 康雄 政策経済研究センター 主席研究員
      • 仲伏 達也 経営企画部 主事(前 人間・生活研究本部 主任研究員)
      • 豊田 聖史 科学・安全政策研究本部 研究員
      • 葦津 紗恵 環境・エネルギー研究本部 研究員
      • 瀬川 友史 先進ビジネス推進センター 研究員
      • アドバイザ 青柳 雅  監査役(前 上席研究理事)

目次 (各編単位で本文PDFを入手できます)

表紙 (PDF:417.68 KB)

前書き (PDF:373.95 KB)

第一編 プロローグ (PDF:995.35 KB)

  1. はじめに
  2. 研究の方法
    • シナリオ・スタディ
    • 研究の前提
    • 希望ある未来社会を実現するために何をすべきか〔要旨〕

第二編 2050年の日本 (PDF:349.98 KB)

  1. 過去の延長線上には無い未来
    • 国民総悲観国家
    • 明るい未来の可能性
  2. 2050年の日本「挑と和の調和する挑和社会」
    • 世界トップクラスの生活の質を実現する国
    • 国望力で国際社会に存在感を示す国

第三編 希望ある未来社会を実現するために何をすべきか (PDF:1.26 MB)

第一章 基礎的生活の安心を低国民負担で実現する

  1. 実現の仕組み
  2. 人口減少超高齢社会の国と地域の形
  3. 基礎的生活費を下げる
  4. 資産活用で若年層の負担軽減と格差固定化の防止
  5. 実物支給と助け合い社会
  6. 現行年金制度に代わる「生活保障」制度

第二章 ジャパン・アズ・ナンバーワンから ジャパン・アズ・オンリーワンへ

  1. あらゆる産業が知識化する
  2. ジャパン・アズ・オンリーワン
    • 農林水産業
    • 製造業
    • 文化観光産業
    • 金融業
    • サービス産業と非貨幣経済活動
  3. 知識社会の転換が地域経済を再生する

第三章 目指すのは尊厳社会

  1. 雇用から「仕事」へ
  2. 尊厳社会の基盤は教育

第四章 技術革新の成果をどう使うのか

  1. 社会技術の時代
  2. 社会技術をいかにして普及させるのか

第四編 エピローグ (PDF:311.43 KB)

  1. 食料の安定確保
  2. エネルギーの安定確保と地球環境問題への対応

第五編 Q&A (PDF:178.94 KB)

奥付 (PDF:476.45 KB)

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録