プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

セカンドキャリア分科会<第1回> 活動報告

本分科会は会員である「立教セカンドステージ大学」様が代表提案書でリタイアシニアのセカンドキャリアとして従来の「再雇用」ではなく、起業や社会貢献といった「再挑戦」を活性化するためのシステム作りをテーマとします。

シニア向け大学やシニア起業支援団体、シニアを活用した新ビジネス等の先進事例研究から、シニアのセカンドキャリア開拓を支える産学官連携による人材流動プラットフォームのあり方を検討します。

  • 「黄昏研修」のような後ろ向きな研修ではなく、社員のセカンドキャリア開拓を応援したい企業(人事部)の方
  • 課題解決や新事業の担い手、シニアマーケティングの対象等、施策・ビジネスの中でシニア活用を検討している自治体・企業の方
  • シニアのプチ就労・起業、あるいは社会貢献活動といったセカンドキャリアの場を開拓・仲介するNPO・企業の方
  • シニアを対象とした教育・研修を実施しているが、さらにその先の必要性を感じている大学や研修サービス事業者
  • シニアのセカンドキャリア支援施策を展開している中央府省

等にご参加いただきたいと思います。

特に第1回は本分科会の背景・問題意識の説明も兼ねておりますので、まずはお試しでも結構ですので、ぜひ本分科会への参加をご検討いただければ幸いです。

 よろしくお願い申し上げます。

概要

開催回:

第1回

日時:

2013年6月5日(水)15時00分 ~ 17時30分

場所:

株式会社三菱総合研究所 4階 大会議室A

プログラム:

    1) はじめに:本分科会の趣旨説明
       ~アクティブシニアによる地方再生コンサルを例に
    2) 話題提供(シニアの再挑戦を支援するシニア大学からの事例報告)
      ①立教セカンドステージ大学におけるサポートセンタ-の役割
      ②アククティブシニアの社会進出例
       「生きがい創造研究会Ⅱ活動概況~『再チャレンジ』の具体化~」 
    3) 参加者意見交換(各テーブル毎に)
    4) おわりに:次回以降の予定とお願い

活動報告

    プラチナ社会研究会では、リタイアシニアのセカンドキャリアとして従来の「再雇用」ではなく、起業や社会貢献といった「再挑戦」を活性化するためのシステム作りを議論することを目的とした「セカンドキャリア分科会」を設置し、第1回分科会を6/5(水)に開催しました。

    分科会では、代表提案者である立教セカンドステージ大学の坪野谷氏より、同大学に通うシニア大学生および修了生の「再挑戦」を支えるサポートセンターの取組が紹介され、実際にアクティブシニアとして活動されている同大学の小川氏より「再挑戦」の具体例と課題について紹介されました。
    また三菱総合研究所より分科会における問題意識やスコープ、そして産学官連携による「第二の人生」を支えるプラットフォームの仮説と、その仮説を実証すべく立教セカンドステージ大学と共同で行った「アクティブシニアによる地域活性化コンサル」事例を紹介しました。

    当日は企業会員、大学会員、自治体会員に加え、本テーマに関心を持たれた総務省・厚生労働省・文部科学省の方、さらには立教セカンドステージ大学に通われる「アクティブシニア」が多数参加され、総勢62名の参加者による熱い議論が行わました。特にグループ毎に行った意見交換では、参加者それぞれの組織におけるセカンドキャリアの実態と不安、支援の必要性について熱い議論が行われました。

セカンドキャリア分科会1 セカンドキャリア分科会2

     ※写真:セカンドキャリア分科会の様子

     セカンドキャリア分科会第2回は、7/26(金)に開催予定です。
     ※当日配布資料は分科会参加者のみに限定させていただきます。

本分科会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 セカンドキャリア分科会事務局
E-mail: p37career-p@mri.co.jp TEL: 03-6705-6009

関連する分科会

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録