プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

大成建設株式会社

 

ウェブサイト: http://www.taisei.co.jp/

大成建設は、1873年の創業以来、長年にわたって培われてきた高度な技術力を用いてこれまで多くの時代を切り開くプロジェクトを手掛けてきました。
現在では単なる構造物の建設だけではなく、人と自然との共生や、地震をはじめとした自然災害への対策など、建設業に求められる役割も複雑化・多様化していますが、当社は従来から「人がいきいきとする環境を創造する」という企業理念のもと、安全で快適な生活環境の整備を通じて社会の持続的発展に貢献することを企業活動の大きな目標としています。
自然との調和を大切にしながら、より豊かな未来を築くこと。それは私たち、社会共通の願いです。大成建設は、次の世代へと受け継がれていく新しい価値の創造を目指して、これからも真摯な姿勢で事業活動に取り組んでいきます。

シーズ紹介

エコ産業 (環境、エネルギー関連など)

  • 省エネルギー・環境負荷低減のための技術開発を推進し、低炭素社会を実現するトータルソリューションを提供
    • 長寿命・快適性・省エネルギーを実現した次世代型オフィスビル、「スーパーエコビル」(運用実績で年間消費エネルギーを41%削減)
    • 全面ガラス建築の二重ガラス構造(ダブルスキンシステム)を厚さわずか200mmで実現し、美しいデザインと高い環境性能を両立させ大幅なコストダウンも可能とした、リニューアル工事にも容易に適用可能なコンパクトダブルスクリーン
    • 工場などのCO2排出量の大きな排出源から、CO2を分離・回収して地下の地層中に圧入・貯留する技術において、圧入後のCO2の挙動や周辺環境への影響を予測するための「CO2地下貯留シミュレーション」による、広域的な地下水環境影響予測
  • バイオマスなどの再生可能エネルギーの利用拡大を目指した実証試験などを通じた、総合的な地球温暖化防止技術の開発
    • バイオ技術で生ゴミを資源(メタンガスエネルギー)に変える「無加水メタン発酵システム
  • 生物多様性への配慮、自然との共生を大きな使命とした、都市部や里山、水辺などにおける自然の再生・修復、野生生物保護や生態系保全への取り組み
    • 土壌汚染対策国内トップ実績を有し、さまざまな条件に対応できる豊富な技術メニューを保有・提供し、土壌汚染リスクを軽減(ベンゼンやシアンなどで汚染された土壌中の微生物の力を利用する浄化工法「注水バイオスパージング工法」など)
    • 地域の環境NPOを中心とした森づくりを通じた人と森との持続的・多目的な関わりを創出する活動への参加
    • 美しい海を甦らせるための人工干潟造成や、移植用マットを使ったアマモ場の再生および海草増殖
    • 都市のヒートアイランド現象を抑制すると同時に、豊かな生態系を創出する、都市環境改善の空間開発(「(仮称)大手町1-6計画」など」)
    • 絶滅危惧種などの小動物が、道路で分断された森と森を安全に行き来できるよう、小さな吊り橋「アニマルパスウェイ」の開発・普及をサポート

健康産業 (医療、高齢化社会対応など)

  • 医薬品製造施設エンジニアリングを通じた医療と健康への貢献
     業界トップを誇る医薬品製造施設の建設実績(150社700件超)を通じて培った高度なノウハウとエンジニアリング力で、高度化し多様化する医薬品業界の要望にお応えしています。
  • 安全・安心な食品関連施設
     最先端の衛生管理技術と長年培ったノウハウを駆使し、クリーンな食品製造環境を提供しています。世界的に認知された衛生管理基準に基づくシビアな監査においても高い評価を獲得できる食品関連施設を実現します。
  • 植物工場ユニット
     ライフサイエンス分野への高度なエンジニアリング技術適用例として、医薬・医療・食品施設に加え、LED照明を用いた植物工場ユニット(栽培ユニット)の新規開発が挙げられます。

知識産業 (先端技術、ITなど)

  • BCM(事業継続マネジメント)
     地震をはじめとする自然災害や事件・事故等が発生しても、重要業務への影響を最小限に抑え、その継続を推進するためのお客様の事業継続マネジメントを、施設被害予測(被災シナリオ)、減災対策実施計画、事業継続計画(BCP)の策定などを通じて強力にサポートします。
  • ヴァーチャルリアリティシステム(ハイブリッドビジョン)
     都市や建物の性能(居住性・快適性・安全性等)を仮想体験(建物内部をリアルスケールで疑似体験し、高度な各種シミュレーション結果を映像と融合表示)できるシステムにより、計画・設計・施工の各段階においてアイデアの創出と合意形成を図る技術の研究開発を進めています。

その他

  • 豊富な実績とコンサルティング力に基づく各種の施設エンジニアリング
    • 電子デバイス施設(半導体、フラットパネルディスプレイ、太陽電池、部品・素材関連、etc.)
    • ロジスティクス(物流)施設(自ら物流運営までを担うサード・パーティー・ロジスティクス事業にも進出)
    • 水族館施設(国内水族館施設の約3割を手がけています)
  • 本業として業界トップレベルの実績と技術力を誇る安全・安心の居住・オフィス空間およびインフラ施設の提供(建築施設、社会基盤施設)
  • 魅力ある街づくりを総合的にプロデュースする都市開発(リニューアル、再開発、不動産証券化、跡地開発などの土地活用)
  • 建設、環境分野における高度な技術開発と研究
  • 社会貢献活動(自然・歴史環境基金、災害復興、ボランティア活動、ミュージアム・ギャラリー、etc.)

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録