プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

岡山県

 

ウェブサイト: http://www.pref.okayama.jp/

課題

  • 岡山県の温室効果ガス排出量は、平成18年度には平成2年度比で11.5%増となっており、新エネ、省エネの取組を一層推進する必要がある
  • 岡山県内企業の産業競争力を維持・強化していくためには、温室効果ガス排出量削減につながる環境技術において他を圧倒する優位性を確保する必要がある。

「プラチナ社会」構築に向けた主要な取り組み

  • 太陽光発電・省エネ設備設置促進事業
    地域グリーンニューディール基金事業として、県民、事業者に対し、太陽光発電及び省エネ設備の導入支援を行う。
  • EV普及促進事業
    充電設備の整備やEV導入のための補助事業及び公用車を利用したカーシェアリング事業を実施する。
  • セルロース系バイオマス超微粉砕技術確立事業
    製材端材等からセルロースを抽出するための、ナノレベルの効率的な微粉砕技術と製品化技術の確立に向け、革新的な粉砕機工の開発や、分級・脱水技術、成形技術等、核となる要素技術の一体的な研究開発を進める。
  • バイオマスイノベーション創出拠点形成事業
    酵素・化学反応を利用する微細化助剤の開発や、セルロース樹脂合成技術等、バイオマスの高度利用技術に関する先導的研究を効率的に進め、短期間での実用化、知財化を実現するため、県内外の有力研究者と研究マネージャーで構成する専門家チームを結成し、集中的な研究を行う。
  • 電池関連産業創出事業
    岡山県に所在し、各電池関連分野への進出・展開に意欲を有する企業、大学等の研究機関、産業支援機関など多様な構成員からなる研究会を立ち上げ、セミナー開催による要素技術・市場動向等の情報の受発信、企業連携による各電池に関する技術や応用製品の開発などを支援し、新たなビジネスモデルを創出する。

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録