プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

プラチナ社会研究会「新型コロナ対策にかかるアンケート」結果のお知らせ

 

プラチナ社会研究会事務局ではこのたび、新型コロナ対策にかかる実態と課題を把握するため、会員の皆様へアンケート調査を実施しました。本調査にご協力いただきました方々にお礼を申し上げます。

アンケートの主要な設問について結果の概要をご報告します。(ご協力いただいた方々には詳細な調査結果をお送りさせていただいております。)

全国的にはようやく感染者数の減少が見られてきましたが、地域によっては第二波、第三波も発生してきています。ワクチンや治療薬の開発に時間を要することもあり、新型コロナへの対応は長期化する可能性があります。

各企業・各地域の状況を会員相互に共有し、企業として、あるいは行政として新型コロナに的確に対応するには何をなすべきかを考える上での材料に役立てていただければ幸いです。

実施概要

調査時期

2020年5月15日(金)~5月31日(日)

調査対象

プラチナ社会研究会会員(企業向け調査については、過去に当社のセミナーに参加したことがある企業等を含む。)

回答数

企業:123社、自治体:11団体

企業向け結果概要

自治体向け結果概要

本アンケートに関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会事務局 
E-mail: platinum@mri.co.jp 担当:奥村・片岡 

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録