プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

HIRP講演会「高齢社会における多世代交流の促進と地域活性化 ~大学との連携、ICTの利活用~」(2013/9/25)

 

日時

2013年9月25日(水)

場所

能美市役所本庁舎 大会議室

内容

超高齢社会に突入した日本では、保健・医療・介護や産業・交通・地域活性化などの領域において、さまざまな課題に直面しております。

今回、高齢社会の問題点をさまざまな角度から研究し、解決策を提案している三菱総合研究所の松田主席研究員をお招きして、講演会を開催することに致しました。

ご興味のある市民の皆様や大学の教職員、学生のご来聴を心から歓迎します。

HIRP講演会1-2

講師

株式会社三菱総合研究所 主席研究員 松田智生

HIRP講演会3

HIRPとは

「ICT 研究開発機能連携推進会議(Hokuriku ICT R&D Promotion Council)」の略

発起人は総務省北陸総合通信局、石川県、財団法人石川県産業創出支援機構であり、能美市に位置する、「いしかわサイエンスパーク」内のICT 研究開発施設の利活用、大学の知的財産の活用、情報の共有化などにより新産業の創出を目指すとともに、ICT 化の側面から石川県はもとより北陸地域全体の活性化に寄与することを目的として平成17年に発足。

関連URL

http://www.city.nomi.ishikawa.jp/eventcal/evt3742.html

メディア掲載

  • 2013年9月25日 「高齢化問題考えよう 三菱総研 松田さん 米の街づくり紹介 能美市」(中日新聞)
  • 2013年9月25日 「多世代交流を提案 能美市で講演会」(北国新聞)

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録