プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

メディア意見交換会「女性が活躍する社会の実現に向けて」(2014/6/18)

 

2014年6月18日、三菱総合研究所では「女性が活躍する社会の実現に向けて」をテーマに、メディア意見交換会を開催しました。

意見交換会_1


「女性の活躍」に対する関心が高まる中、プラチナ社会研究会では、2012年6月に「女性のライフスタイルから考えるプラチナワークスタイル分科会*(提案者:博報堂、凸版印刷、三菱総合研究所)」を設置し、参加者を女性に限定して、女性が働きやすい働き方について女性の視点から議論してきました。

本分科会においてアンケート**を実施した結果、働く女性の多くは「仕事も生活もあきらめず、長い人生の中で重みを変えながら両方で自己実現したい」と考えていることがわかりました。

このようなライフスタイルを実現し、女性がより一層活躍するためには何が必要か。三菱総合研究所では、アンケートの調査結果等をもとに社会、企業、女性自身の視点から検討しました***。その結果概要をメディアの皆様にご説明し、意見交換を行いました。

当日は、本分科会事務局を担当しておりました三菱総合研究所プラチナ社会研究センター 川上千佳研究員、情報通信政策研究本部 江連三香主任研究員、社会公共マネジメント研究本部 酒井淳子研究員が説明いたしました。

メディアからは、日本経済新聞をはじめ全国紙・通信社等19社34名のご参加があり、翌日には建設通信新聞、日刊建設工業新聞に掲載されました。

本会の概要は、以下の通りです。

本件に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会
女性のライフスタイルから考えるプラチナワークスタイル分科会事務局
E-mail: tw-event@mri.co.jp TEL: 03-6705-6009
担当:川上・菅原

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録