プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

第1回日本メディカルヴィレッジ学会・生涯活躍のまち共催シンポジウム(2018/11/10、伊仙町)

 

第1回日本メディカルヴィレッジ学会・生涯活躍のまち共催シンポジウムinISEN

弊社松田智生主席研究員が登壇します。

詳細は、こちらをご覧ください。
  【日本メディカルヴィレッジ学会・生涯活躍のまち共催シンポジウムinISEN開催について】

日時

2018年11月10日(土) 13:30~16:45

会場

徳之島交流ひろば ほーらい館

プログラム

13:30~  開会あいさつ 大会会長 伊仙町長 大久保 明氏

13:30~  【第1部】終末期医療と離島医療
        基調講演1「夕張でその時何が起こり、まちがどう変わったか」
             ~自分たちでまちをつくる暮らし方~
            南日本日本ヘルスリサーチラボ代表 森田 洋之氏

14:00~  基調講演2「がん患者と共に、その心のケアと哲学」
             ~メディカルヴィレッジは徳之島だった~
            順天堂大学医学部 病理・腫瘍学 樋野 興夫氏

14:40~  離島医療からの活動報告「徳之島の現状」
            ~徳之島で幸せに終末期を迎えるには~
            あまぎユイの里医療センター 院長 寺倉 宏嗣氏

15:00~15:10 休憩

15:10~  【第2部】生涯活躍のまちづくり
        パネルディスカッション「離島から始まる新しい住まい方・働き方・暮らし方」

<座長>
 三菱総合研究所 主席研究員 松田 智生

<パネラー>
・(株)studio - L 代表 山崎 亮氏
・順天堂大学医学部 病理・腫瘍学 樋野 興夫氏
・日本ヘルスリサーチラボ 代表 森田 洋之氏
・(株)アトリエ天工人 代表取締役 山下 保博氏
・伊仙町 町長 大久保 明氏

16:45~ 閉会あいさつ

参加費

無料

定員

300名

主催

伊仙町/日本メディカルヴィレッジ学会

後援

徳之島の将来の医療・福祉を考える会

本シンポジウムに関するお申込・お問い合わせ先

お申込は開催案内チラシ裏の申込書によりFAX等にてお申込ください。
 【日本メディカルヴィレッジ学会・生涯活躍のまち共催シンポジウム(チラシ)】

伊仙町役場 保健福祉課
 TEL:0997-86-3111 FAX:0997-86-2064 mail:houkatu@town.isen.kagoshima.jp

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録