プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

プラチナ社会研究会に関する主なメディア掲載情報(2012年)

 

プラチナ社会研究会に関する主なメディア掲載情報

  • 2012年12月 「シニアコミュニティの決定版 CCRCの事業ポイントと日本での実現可能性」
    (月刊プロパティマネジメント 12月号)(松田主任研究員 寄稿)
      シニアコミュニティの理想形ともいわれるCCRC(Continuing Care Retirement Community)。
      米国ではすでに60万人ものシニアが入居し、2.8兆円の市場規模に拡大している。
      日本ではCCRCの実現は困難との指摘が多いが、果たしてそうか?
      有望ビジネスとして注目される「日本版CCRC」実現への方策を探る
  • 2012年12月19日 「消費分析 「掃除面倒」半数近く」(日経MJ)
    松田主任研究員のコメントが掲載されました
      三菱総合研究所の松田智生・主任研究員は「シニア女性の間では、ボランティアなどを通じた社会的承認欲求が高まりつつある。そのため、これまで以上に自分の時間を作る必要が出てくる。対人サービス市場拡大の好機だ」と指摘する。
  • 2012年10月 「海外のSHAREISMの事例&情報」(SHAREISM10月号)[ PDF] (松田智生主任研究員)
  • 2012年10月22日 「ラジオNHKジャーナル」
    シリーズ:「シニア市場を狙え」で、日本型のシニアコミュニティについて松田主任研究員がコメント
  • 2012年9月26日 「高齢者は決してコストではなく、これからの社会の担い手」(AGING Web)
    AGING INNOVATOR 超高齢社会対応の先駆者たち (松田智生主任研究員)
  • 2012年8月23日 「三菱総研 国内でのCCRC実現に向け支援プロジェクトを開始」(月刊シニアビジネスマーケット)
  • 2012年8月19日 「健康なうちに入居するついの住み家」(日経ヴェリタス)
  • 2012年8月14日 「シニアが拓く」(日本経済新聞 1面特集)
    松田主任研究員のコメントが掲載されました
      社会の活力が失われるとされてきた高齢化。今後は「高齢化はピンチではなく、チャンス」(三菱総合研究所の松田智生主任研究員=45)ととらえる発想の転換が求められる。
  • 2012年7月18日 「高齢者住宅街事業化へ~住み続けながらヘルスケア」(日経MJ)
  • 2012年7月15日 「欧州に学ぶ脱・無縁社会への挑戦 最終回 フランスの隣人祭り~社会のつながりで「隣人」を再評価~」(高齢者住宅新聞)[ PDF]
  • 2012年7月15日 「CCRCビジネスを研究~三菱総研、専門分科会を立ち上げ」(高齢者住宅新聞)[ PDF]
  • 2012年6月28日 「三菱総研 高齢者コミュニティ 日本版モデル開発 住居・食事・介護予防など包括提供」(日刊工業新聞)
  • 2012年6月26日 「三菱総研 シニア向け住宅 事業化組織設立」(日本経済新聞)
  • 2012年6月15日 「欧州に学ぶ脱・無縁社会への挑戦~第二回フランスの世代間同居」(高齢者住宅新聞)[ PDF] (松田智生 主任研究員)
  • 2012年5月24日 シンクタンクレポート「継続的なケアを提供する高齢者コミュニティ」(日刊建設工業新聞)[ PDF]
  • 2012年5月15日 「欧州に学ぶ脱・無縁社会への挑戦」(高齢者住宅新聞)[ PDF ](松田智生 主任研究員)
  • 2012年5月 「海外に学ぶアクティブシニアのライフスタイル」(ダイヤニュースNo.69)[ PDF ] (松田智生 主任研究員)
  • 2012年春 「Japanese Contingent from Mitsubishi Visits ILEAD」(ILEAD 2012 Spring Newsletter)
    ダートマス大学の生涯学習機関に、松田智生主席研究員が訪問
  • 2012年3月8日 「世界健康首都会議報告 「健康寿命延伸都市」を未来の地域モデルに」(信濃毎日新聞)[ PDF]
  • 2012年1月19日 目指せ信州ヘルスバレー ~ 松本市が健康産業育成(市民タイムス )[ PDF ]
  • 2012年1月号 世界健康首都会議が開催されました(広報まつもと )[ PDF ]

※記事の著作権は各メディアに帰属し、許可を得た上でPDFを掲載しています。

>メディア掲載情報 トップページ

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録