プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

プラチナ社会研究会に関する主なメディア掲載情報(2014年)

 

プラチナ社会研究会に関する主なメディア掲載情報

  • 2014年12月27日 「地域の魅力で移住者誘致へ 南魚沼 プラチナタウン勉強会」(新潟日報)
  • 2014年12月21日 「まるわかり!ニュース深掘り『夢のセカンド・ライフ』」(BS-TBS)
     松田智生主席研究員が出演しました
  • 2014年12月13日 「CCRC実現へ事業者連携を 秋田プラチナタウン研究会」(秋田魁新報)
  • 2014年12月 「ルーティン業務の一歩先の仕掛けを。永遠の狩猟民族たれ」(リクルートグループ報 月刊かもめ)
     松田主席研究員のリクルート考が掲載されました。
      「ルーティン業務の一歩先の仕掛けを。永遠の狩猟民族たれ」
  • 2014年11月28日 「ハツラツ高齢者、南魚沼に住んで 住宅を整備・大学で学問も」(日本経済新聞)
     松田主席研究員のコメントが掲載されました。
     http://www.nikkei.com/article/DGXLZO80215310X21C14A1L21000/
      同市とタウン構想を研究する三菱総合研究所の松田智生主席研究員は「介護保険頼みではサービスを持続できない。健康な高齢者を増やし移り住んでもらうよう、移住者の住民税を減らすなど規制緩和が必要だ」と指摘する。
  • 2014年11月27日 「南魚沼市の挑戦 プラチナタウン構想「人口減に新たな一手」」(新潟日報)
  • 2014年11月 「大丸有サステイナブルビジョンに寄せて(策定委員会から)」(大丸有CSRレポート2014)
     松田主席研究員が掲載されました。
      「大丸有サステイナブルビジョンに寄せて(策定委員会から)」
      「大丸有CSRレポート2014」
  • 2014年10月 「元気なうちから考える。人生を謳歌するための「終の棲家」の選び方。米国視察から得たヒント」(SUUMO介護)
     長谷川主席研究員、松田主席研究員が参加した「米国の高齢者住宅・CCRC視察座談会」が
     掲載されました。
      座談会概要:
      http://kaigo.suumo.jp/article/detail/201409/z001/
      座談会参加者プロフィール:
      http://kaigo.suumo.jp/article/detail/201409/z001/page04/
  • 2014年10月31日 「まち・ひと・しごと創生会議(第2回)」
     プラチナ社会研究会サステナブル・プラチナ・コミュニティ政策研究会で検討を進めている
     「日本版CCRC」が取り上げられました。
      「基本政策検討チーム報告書(案) 」
      http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sousei/souseikaigi/dai2/siryou2.pdf
  • 2014年9月 「三井不動産グループの資産経営情報誌 Let's Plaza9月号」
     松田智生主席研究員のインタビュー記事が掲載されました。
     「未来を照らすプラチナ社会という希望」(スペシャリスト・インタビュー)
  • 2014年7月25日 「メリットは多いのに、なぜ、女性テレワーカーは増えないのか? 調査結果から見えてくる意外な現状と課題」(ダイヤモンド・オンライン)
     江連主任研究員・川上研究員がインタビューを受けました。
     http://diamond.jp/articles/-/56497
  • 2014年7月14日 「三菱総合研究所 日米不動産協力機構 超高齢社会に対応した街づくり 日本版CCRC目指す」[ PDF] (建通新聞)
  • 2014年7月14日 「三菱総合研究所 日米不動産協力機構 持続可能な地域づくりで研究会 高齢者の健康テーマ 15年度に政策提言」[ PDF] (日刊建設工業新聞)
  • 2014年7月6日 「プラチナ社会を築く」[ PDF] 友安 潔筑豊総局長(西日本新聞 筑豊版)
     松田主席研究員のコメントが掲載されました。
  • 2014年7月1日 「日本版CCRC目指し研究会 まちづくり、雇用創出など焦点 三菱総研とJARECO 超高齢化に対応」(住宅新報)
  • 2014年6月 「人間会議 2014年夏号」(宣伝会議)
     松田主席研究員が寄稿しました。
     「地域をシニアが変える~多世代視点のライフスタイル」
     http://www.sendenkaigi.com/books/back-number-kankyoningen/2674
  • 2014年5月 「プラチナの国・ジパングとして再び輝く日本へ」(エコッツェリア協会)
     松田主席研究員のインタビューが紹介されました。
     http://www.ecozzeria.jp/series/column/column140430.html
      少子高齢化による人口減少社会への突入を迎え、課題先進国となった日本。
      しかし、この難しい局面をチャンスととらえ、課題解決先進国・日本の実現へのチャレンジが行われている。人を動かし、新産業を創り出すことで持続可能な社会システムを確立しようという、三菱総研の松田氏に「プラチナ社会研究会」の内容と次のアクションを起こすために必要なヒントなどをうかがった。
  • 2014年3月5日 「区民ひろば交歓会」(豊島新聞)
    森卓也主任研究員の講演が紹介されました。
  • 2014年3月 「研究開発リーダー2014年3月号」(技術情報協会)
    松田主席研究員が寄稿しました。
    「プラチナ社会における多世代交流型コミュニティの可能性」
  • 2014年2月13日 「緩やかな『つながり』構築~マンションで祭りを開く~」(読売新聞)
    松田主席研究員のコメントが掲載されました。
      三菱総研の主席研究員、松田智生さんは「都市部の孤立など超高齢社会の課題は、行政だけでは解消できない。住民の共助につながる隣人祭りの役割は大きい」と指摘する。
  • 2014年2月5日 「学生と高齢者、広がる下宿交流~人生経験学ぶ/見守られ安心…双方にメリット」(読売新聞)
    松田主席研究員のコメントが掲載されました。
      『高齢者問題に詳しい、三菱総合研究所プラチナ社会研究センター主席研究員の松田智生さんは「フランスではこれまでに3500組以上の若者と高齢者の同居が始まり、世代の違う人たち同士での交流が広がっている。こうした仕組みをより広げるためには、行政からの支援も重要になる」と話している。』
  • 2014年2月 「ヘルストゥデイ」[ PDF] ((株)日本医療企画)(2014年2月号)
    テーマ:「”きょうよう”と”きょういく”を意識した移住を考えてみよう」
      松田主席研究員のコメント「用事や行く場所も特にないスローライフは1週間で飽きる。移住で大切なのは、”きょうよう=今日用”と”きょういく=今日行く”。最初から長期移住でなく、短期移住を繰り返す方がスムーズに移住できる」
  • 2014年1月20日 「個人が輝く"プラチナ社会"」(日刊工業新聞 朝刊26面)
    鎌形太郎執行役員プラチナ社会研究センター長がインタビューを受けました。
      「従来のシニアは家族や社会に支えられて退職後余生をのんびり過ごしてきた。これからのシニアは人生第2幕に積極的にチャレンジ、社会を支える人になる。米国の心理学者、エイブラハム・マズローによると、人間の欲求は生理、安全、所属・愛、尊敬、自己実現の5階層化されている。すでに多くのシニアは第2階層の家族や健康といった安全の欲求は満たされている。これからはつながり、認め合い、自己実現へ向かう。そうしたシニアの活躍がプラチナ社会を形成していく。」
  • 2014年1月6日 「『のんびり余生』から『果敢な第二章へ』」(フジサンケイビジネスアイ)[ PDF]
    (鎌形太郎執行役員プラチナ社会研究センター長)
  • 2014年1月 松田主席研究員が杏林CCRC研究所の客員研究員に任命されました。
      杏林CCRC研究所は、従来CCRCが示すContinuing Care Retirement Communityをより広い意味に捉え、“杏林CCRC-Center for Comprehensive Regional Collaboration”、「杏林大学の知を地域社会と統合的に協働させる拠点」としています。

※記事の著作権は各メディアに帰属し、許可を得た上でPDFを掲載しています。

>メディア掲載情報 トップページ

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録