プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

サステナブル・プラチナ・コミュニティ政策研究会

 

株式会社三菱総合研究所(以下「MRI」)と一般社団法人日米不動産協力機構(以下「JARECO」)は、「健康・高齢者・省エネに対応した持続可能な地域づくり」の具体化の検討及び推進・支援のための政策提言と、国民的運動『動かそう、みんなで、日本版CCRC』の促進を行うことを目的に、『サステナブル・プラチナ・コミュニティ政策研究会(以下「本研究会」)』を、7月10日に共同で設置・運営しました。

MRIが主催するプラチナ社会研究会では、一昨年CCRCビジネス分科会を立ち上げ、このCCRCを新産業創出の観点から研究してきましたが、日本国内での普及促進を図る上では不動産流通を始めとする制度的隘路の明確化や新たな制度設計が必要になると考えられるため、国内外の不動産流通に関する動向に精通するJARECOと連携し本研究会を創設します。

    ※CCRC(Continuing Care Retirement Community):健康な時から介護時まで移転することなく安心して暮らし続けることが出来るシニアコミュニティ。米国で約2千ヵ所、約60万人の居住者、約3兆円の市場規模。

スケジュール

プレスリリース

【健康・高齢者・省エネに対応した持続可能な地域づくり「日本版CCRC※」を目指す『サステナブル・
 プラチナ・コミュニティ政策研究会』を設置・開催】
 http://www.mri.co.jp/news/press/teigen/015588.html



本研究会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会
サステナブル・プラチナ・コミュニティ政策研究会事務局
E-mail: spc@mri.co.jp TEL: 03-6705-6009
担当: 松田、森、北原

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録