プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

2016年度第3回プラチナ社会研究会総会(11/14)のご案内

 

社員の新たな可能性を見出す仕組みづくり

概要

生産年齢人口の減少が続く中、「働き方改革」によって多様な人材が活躍できる社会・企業に転換していくには、労働生産性(時間当たりの付加価値)の向上は必須の条件です。そして、労働生産性を高めるためには、業務効率化や在宅勤務などによる就業時間の短縮を進めるとともに、組織・個人としての価値創出力を高めて、新たな商品や事業を継続的に生み出すことが重要です。

近年、その具体的な方法として「オープンイノベーション」への関心が非常に高まり、日本企業でも外部とのネットワークづくりが広がっていますが、同時に社内でも創造的な人材を増やしていく必要があります。今回の総会では、社員の新たな可能性を見出し、創造的な人材を発掘・育成するための就業制度、社員教育、新規事業創出という3つの視点から、先進的な取り組みをご紹介いたします。

まずリクルートワークス研究所様からは、兼業を認める複業の効用について、また日本オープンオンライン教育推進協議会様からは、大学の授業等様々なプログラムをオンラインを介して無料で学べるMOOCを活用した社員再教育の仕組みについて、さらにソニー株式会社様からは、社員の自発的な提案に基づいてイノベイティブな商品を開発する仕組み「SAP(Seed Acceleration Program)」について、お話いただきます。

ぜひ、多くの皆様にご参加頂き、情報共有や意見交換を行いたいと思います。

プログラム

【開会のご挨拶】

【今年度年間テーマと第3回総会の位置づけ】

<第1部>
 【講演1】「複業が人材と企業を活性化する」
   リクナビNEXT編集長 藤井 薫様

【講演2】「企業と社員にとってのMOOCの可能性」
   日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC) 常務理事(事務局長)
   明治大学 学長特任補佐 福原 美三様

<第2部>
 【講演3】ソニーの新規事業創出プログラム 「Seed Acceleration Program」("SAP")
   ソニー株式会社 新規事業創出部 統括部長 小田島 伸至様

【分科会活動報告・新規分科会ご案内】

【閉会】

     ※内容は変更になることがありますので、予めご了承ください。

日時

2016年11月14日(月)15:00~17:50(開場14:30)

会場

株式会社三菱総合研究所 大会議室
 <会場ご案内>
 溜池山王駅6番出口付近直結。東急キャピトルタワーB1F受付
 *地図はこちらをご参照ください↓
 http://www.mri.co.jp/company/info/office/headoffice_map.html

会費

無料(1口2名まで)

申込方法

お申込受付は終了いたしました。


研究会総会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会事務局
E-mail: platinum@mri.co.jp TEL: 03-6705-6009 担当: 高橋・菅原・宇都宮

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録