プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

2014年度第2回プラチナ社会研究会総会 開催報告

 

2014年度第2回プラチナ社会研究会総会 開催報告

6月26日(木)、「プラチナ社会研究会」の第2回総会が開催されました。今回は、「ジャパン・クオリティを活かした国際戦略」をテーマに、クールジャパン機構の取締役CIO吉崎浩一郎氏から「海外からみた日本の強み」に関する講演、株式会社FBTプランニングの代表取締役社長の久塚智明氏から「日本の「食文化」の海外展開」に関する講演をしていただきました。その後プラチナ社会研究会の活動内容及び新規提案について報告しました。外部からの参加者は約100名、懇親会終了後の懇親会も含め大変活気のある総会となりました。

プログラム

【講演1】海外からみた日本の強み-中小企業によるチャレンジ-
 (クールジャパン機構 取締役CIO 吉崎浩一郎氏)

吉崎氏講演

クールジャパン機構の吉崎氏より、昨年11月に設立されたクールジャパン機構の官民ファンドとしての役割と支援分野、具体案件について説明していただきました。支援分野としては大きくメディア・コンテンツ、ファッション・ライフスタイル、食・サービスの3分野があり、具体的な案件として東南アジアのメディア事業、ジャパンフードタウン、中国の商業施設におけるクールジャパンテイストの取り込みについてご紹介いただきました。

【講演2】日本の「食文化」の海外展開について
 (株式会社FBTプランニング 代表取締役社長 久塚智明氏)

久塚氏講演

株式会社FBTプランニングの久塚氏より、全国各地の「食文化」を紹介していただきました。日本の長寿は日本の「食」が支えており、その代表例として出汁がある。出汁の使い方も様々で、お茶とかつおだしの組み合わせなども紹介されました。また、これらがフランスなど海外でも高い評価を得ているという話もありました。和包丁、刺身の盛り付けかたなど、当たり前だと思っている日本の食文化も海外では非常に高い価値があることが紹介されました。

【活動報告・新規提案】

最近のプラチナ社会研究会の活動報告として下記の4つの分科会活動及び1つの新しい分科会提案がありました。

  1. プラチナ・ワークスタイル提言
  2. 三世代消費行動分科会
  3. プラチナ・コミュニティ分科会(海外視察報告)
  4. レガシー共創協議会(中間報告)
  5. シニア人材マネジメント分科会(新規提案)

総会終了後に開催された懇親会にも50名以上のご参加をいただき、大変盛況でした。なお、FBTプランニングの久塚氏のご厚意により懇親会出席者へのお土産として講演の中で紹介された福岡県の有名な出汁が配られました。

第2回総会の様子

    <会場全体の様子>

配布資料

当日の配布資料は、下記よりダウンロードいただけます。
 2014年度研究会総会配布資料

お問合せ

プラチナ社会研究会 事務局 担当:川上・檜垣・菅原
 E-mail: platinum@mri.co.jp

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録