プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

「女性活躍推進」認定を目指す会

 

提案者

代表提案者:株式会社三菱総合研究所

プロジェクトの目的

女性が健康で、長く働き続けることができる社会を実現することを目的に、女性特有の疾患、職場環境、心理的ストレスといった、健康に特化した労働生産性について明らかにし、“女性版 健康経営指標”を作成します。

また、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」の厚生労働大臣認定を受けられるよう、切磋琢磨します。

プロジェクト内容

近年、“健康経営”という言葉も注目され、従業員の健康は、企業全体で取り組むべきことという考えが広まってきました。しかしながら、労働人口の約48%が女性となった今、“健康経営”を目指すならば、女性に特化した指標を用いることも必要となります。

女性特有の疾患や家事・育児負担、就労上の問題意識等と、労働生産性には、相関があることがわかっており、本分科会では、以下について深堀りした「女性版 健康経営指標」を作成します。

 労働環境×生産性
  女性に多い症状や疾病×生産性
  心理的ストレス×生産性

これにより、健康経営を推進するために必要な、女性特有の健康課題、男女共有の健康課題を把握することが出来、効果的な施策を打ち出すことが可能となります。

参加いただきたい会員

・労働生産性を上げたい企業の方々

・健康経営に取り組みたい企業の方々

・「女性活躍推進」認定を目指す企業の方々

・自治体に所属の方

スケジュール

・第1回:2017年6月6日(火) 14:00~16:00

・第2回:2017年7月24日(月) 14:00~16:00

・第3回:2017年10月30日(月) 14:00~16:00

・第4回:2018年1月29日(月) 14:00~16:00

参加費用

無料

募集期間

2017年5月~2018年1月


本プロジェクトに関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会
「女性活躍推進」認定を目指す会事務局 担当:川島、池田、前田
E-mail: kenko-yell-jimu-ml@ml.mri.co.jp TEL: 03-6705-6166

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録