プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

渋谷民100人未来共創プロジェクト

 

New! 2017.6.26 文化・エンタメワークショップ第1回開催 速報レポート公開

New! 2017.6.26 共生ワークショップ第1回開催 速報レポート公開

提案者

代表提案者:レガシー共創協議会、渋谷区

共同提案者:伊藤園、サッポロホールディングス、セコム、セレスポ、大日本印刷、大和リース、
         東急不動産、東京急行電鉄、東京ドームスポーツ、乃村工藝社、博報堂、ビームス、
         LIXIL、ルネサンス、ETIC、早稲田大学オリンピック・パラリンピック事業推進室、
         三菱総合研究所

プロジェクトの背景と目的

東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年とその前後(ラグビーワールドカップ2019、ワールドマスターズゲームズ2021関西)は、メガスポーツイベントが続くゴールデンスポーツイヤーズ(2019~2021)です。世界から東京が注目される大きな機会になります。

この機会を一過性のものとして終わらせることなく、継続的なレガシーとしてわが国に残していくためには、次世代を担う若者が社会づくりに積極的に関わっていくことが必要です。

プロジェクト内容

本取り組みは、若者に焦点を当て、単にアイデア募集をするだけでなく、地方自治体(渋谷区)および企業(レガシー共創協議会会員)などとの連携を通じて、その具体化までを一貫して目指すオープンイノベーションプロジェクトです。

渋谷区の基本構想である「ちがいをちからに」をコンセプトとし、2020年に世界を驚かせるようなアイデア創出や、その実現を目指します。

スケジュール

参加する若者(応募時点で満18歳~29歳)の募集は4月17日に開始します(5月19日募集〆切)。

6月から9月にかけ、4分野(スポーツ・健康、文化・エンタテイメント、共生、コミュニティ)に分かれてワークショップを開催し、アイデア創出とブラッシュアップを図ります。

12月にはコンテストを開催し、優れたアイデアには渋谷区長賞、企業賞などを表彰するとともに、その後2018年以降に具体化を検討していく予定です。

募集から実施にかけての全体概要はこちらをご覧ください。

開催実績

全体

(1)全体会
   ①第1回(2017年6月6日開催)
    ・【速報】「渋谷民100人未来共創プロジェクト」いよいよ開幕
    ・【詳細レポート】第1回全体会 一大レガシー・プロジェクトがいよいよ開幕!

ワークショップ

(1)健康・スポーツ
   ①第1回(2017年6月13日開催)
    ・【速報】ワークショップ いよいよスタート!
          「健康・スポーツ」WS でメンバーが世界観共有、思考のセットアップ
    ・【詳細レポート】「Laboratory」から「世界を驚かすアイディア」を生み出そう!

(2)文化・エンタメ
   ①第1回(2017年6月20日開催)
    ・【速報】「自立」と「主体性」への目覚め
          フリーハンドなワークショップが意識を育てる
    ・【詳細レポート】は近日公開予定です。

(3)共生
   ①第1回(2017年6月22日開催)
    ・【速報】「共生社会・渋谷」を目指し「コト」を起こすきっかけを
          「共生」WS 第1回開催、インタビューを通して相互理解深める
    ・【詳細レポート】は近日公開予定です。


本プロジェクトに関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会 レガシー共創協議会事務局
E-mail: shibuya-legacy@mri.co.jp TEL: 03-6705-6098

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録