プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

特別セミナー「リビングラボの未来を語る~アフターコロナの地方創生」

 

「リビングラボの未来を語る~アフターコロナの地方創生」

東大先端研地域共創リビングラボ×エコッツェリア協会×プラチナ社会研究会・三菱総合研究所

都市と地方の活性化のために、産官学は今何をすべきか?次の一手は何か?

2019年11月の第一回では、三者が描く未来社会の実現を加速させる手法・環境・ボトルネックなどを討議しました。

このたびの第二回では、アフターコロナの暮らしの変化にフォーカスし、「SDGs」をキーワードに議論を深めます。

そして、SDGs未来都市である長崎県壱岐市を事例に、同市と包括連携協定を結ぶ東京大学先端科学技術研究センターの杉山正和教授をゲストにお迎えし、再生可能エネルギーに関する実証研究についてご紹介いただきながら、リビングラボの実装に向けたヒントを探ります。

日時

2020年9月23日(水)16:00~18:00

開催方法

WEB会議ツール「Zoom」でのオンライン開催

参加費

無料

プログラム

16:00~16:05 【開会挨拶】

<第1部 16:05~16:30>
 【報告1】
  東京大学先端科学技術研究センター 特任助教 近藤 早映様

【報告2】
  エコッツェリア協会 SDGsビジネス・プロデューサー 田口 真司様

【報告3】
  三菱総合研究所 プラチナ社会センター 主席研究員 松田 智生

<第2部 16:30~17:20>
 【長崎県壱岐市の事例~SDGs未来都市として見据えるビジョン~】
 ・16:30~16:45 長崎県壱岐市 総務部 SDGs未来課
 ・16:45~17:05 東京大学先端科学技術研究センター 教授 杉山 正和様
 ・17:05~17:20 ディスカッション/質疑応答

<第3部 17:20~18:00>
 【パネルディスカッション】地域発SDGs達成から展望するリビングラボの未来

申込方法

下記URLよりお申し込みください。
  https://info.ecozzeria.jp/livinglab_20200923

主催

東京大学先端科学技術研究センター 地域共創リビングラボ、エコッツェリア協会、
 プラチナ社会研究会

本セミナーに関するお問い合わせ先

詳細はこちらのサイトをご覧ください。
 「リビングラボの未来を語る~アフターコロナの地方創生」

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録