プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 
プラチナ社会研究会では、これまでCCRCをテーマとして、民間企業から構成されるビジネス分科会と、大学・地方自治体・中央官庁(オブザーバー)で構成される大学分科会に分かれて研究・ディスカッションを行って参りました。

このたび、両分科会のメンバーが合流し、大学・自治体のCCRCに関する取り組みと課題・期待についてのご報告、民間企業のCCRCへの取り組み方針の紹介などを中心とした「交流会」を行います。
(参加者はCCRCビジネス分科会および大学分科会のメンバーに限定させていただきます。)

年明けのご多用の時期とは存じますが、CCRCに関心のある民間企業および大学・自治体等が一同に会する貴重な機会になると思いますので、是非、ご出席くださいますようお願い申し上げます。

なお、本交流会は「日本版CCRC実現」に向けた取り組みの加速化を目指す大学と企業の交流の機会とすることを目的としております。別途ご案内いたしました12月21日催の「特別セミナー「大学を核とした地域課題の解決・雇用創出の可能性」」は「CCRCに限らず、地域の抱える課題を解決する」大学と地域の事例紹介、施策紹介・ディスカッションを行うものでございます。

日時

2013年1月11日(金)14:00~17:30(開場13:30)

会場

株式会社三菱総合研究所 4階 大会議室CD
  東京都千代田区永田町2-10-3 キャピトル東急タワー 
  (地下1F 受付にお立ち寄りください)
  http://www.mri.co.jp/PROFILE/headoffice_map.html
  ○東京メトロ南北線・銀座線 溜池山王駅6番出口 直結
  ○東京メトロ千代田線・丸の内線 国会議事堂前駅6番出口 直結

プログラム

===== 第1部:米国視察報告と関連政策の紹介 =====
 「米国CCRC(東・西海岸)視察報告と日本版モデルへの示唆」
  三菱総合研究所
 「官民連携によるまちづくりの推進とCCRCへの期待」
  国土交通省都市局まちづくり推進課
  (休憩)
===== 第2部:大学・自治体によるCCRCへの取組みと期待 =====
 「かすみがうら市から見た高齢者コミュニティへの期待」
  かすみがうら市
 「超高齢社会における城西大学の取組みとCCRCへの期待」
  城西大学
 「高齢先進県における高知大学の連携活動とCCRCへの期待」
  高知大学
===== 第3部:参加者自己紹介と今後の予定 =====
 CCRCへの取り組みと関心(参加者)
 「プラチナコミュニティ(日本版CCRCモデル)の提案」
  三菱総合研究所
 今後の分科会の進め方と米国視察案内について
  三菱総合研究所
 閉会挨拶
( 閉会後、簡単な懇親会を行う予定です。)

参加申し込み

事務局(p31ccrcbiz-p@mri.co.jp)にお申込下さい。
準備の関係上、1月9日(水)までにお願いします。
会場の都合上、定員(80名)になり次第、締切とさせていただきます。
また、できるだけ多くの団体様にご参加いただくため、1団体からの参加者を制限させていただくこともございますので、あらかじめご了解くださいますようお願い申しあげます。

お問合せ

株式会社三菱総合研究所 プラチナ社会研究会
「CCRC ビジネス分科会・大学分科会 交流会」担当:長谷川、森、宇都宮
E-mail: p31ccrcbiz-p@mri.co.jp / TEL: 03-6705-6009

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録