プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

「2025年の日本の学びとMOOCを考える」 第1回ワークショップ開催レポート

2016年6月21日、「2025年の日本の学びとMOOCを考える」の第1回ワークショップが、三菱総合研究所で開催されました。

MOOC(Massive Open Online Courses)とは、2012年にアメリカでブレイクした、インターネット上で、誰でも、無料で学習ができる大規模なオンライン学習サービスです。

今後の「学び」を大きく変える可能性を持ったMOOCですが、日本ではまだ浸透しているとはいえない状況です。なぜ日本ではMOOCの普及が進まないのか、そしてブレイクスルーのためには何が必要なのか。MOOCのメリット・デメリットと、今後の日本における「学び」の要件を踏まえた上で、MOOCの普及とビジネスでの展開について、シナリオ・プランニングを通して考えるため、本ワークショップが開かれました。

第1回目のワークショップには、JMOOC(日本オープンオンライン教育推進協議会)、JMOOCへの参画企業、MOOCの利用者のほか、三菱総研からの参加も含め合計約30名が参加。司会は三菱総研プラチナ社会研究センターの高橋寿夫氏、MOOCの現状についてのオリエンテーションをJMOOC常務理事・事務局長の福原美三氏、ワークショップのファシリテーションはJMOOC理事・明治大学教授の阪井和男氏が務めました。

産官学が注目するMOOCの現状

まずは福原氏により、MOOCを取り巻く現状についてのオリエンテーションが行われました。

全世界で約4000万人以上の受講者がいるMOOC。これまでにもオンラインでの学習システムは存在していたものの、その中でMOOCがブレイクしたのは、高品質な講義を、時と場所を選ばず、誰でも無料で受講できるという特徴を持っているためですが、福原氏はさらに「あらかじめ定められたスケジュールに則って学習を進めることができる、つまり学習をマネジメントしてくれるということも大きい」と説明しました。

MOOCは受講者だけではなく、提供者側にもメリットがあります。それは、多数の学習者の詳細な記録を確認できるということ。このビッグデータを蓄積・分析することで、企業や大学は、新たな知見を得ることができるのです。

冒頭にも記した通り、MOOCは日本ではまだ浸透しているとは言い難い状況ですが、今後進んでいくであろう大学改革の中で、MOOCの重要性は増していくと考えられています。さらに、2015年に文部科学省と経済産業省が共同で設置した「理工系人材育成に関する産学官円卓会議」の中でもMOOCの利活用が重要なポイントの一つに挙げられるなど、国としても、MOOCの普及を推進していくと見られています。

第1回WS-1

“学び”と“MOOC”に影響を及ぼすキーセンテンスを議論

福原氏のオリエンテーションに続いて、いよいよワークショップに入りました。第1回目のゴールは、「今後の日本における“学び”、“MOOC”に影響を及ぼす要因で肝となる“注目のキーセンテンス”を2つ選び出す」こと。

ワークショップはワールドカフェ形式を採用。オリジナルグループで1回セッションを行った後、メンバーを入れ替えて新たに2回行い、最終的に各グループで絞ったキーセンテンスを共有するという流れで行いました。

参加者にはあらかじめ「2025年までに、MOOCや学びに影響を及ぼすと思われるものは何か」という宿題が与えられており、この問いに対する各自の考えを基に、フリーディスカッションを行いながら、テーブルいっぱいの模造紙にキーセンテンスを書き連ねていきました。

第1回WS-2


あるグループでは、昨今成長著しい「AI(人工知能)」が、MOOCや学びに多大な影響を及ぼすのではないかという議論が行われました。AIがさらに発達し、人間の仕事をAIに任せられるようになることで生まれる余暇を、学習に充てる人が増え、そこでMOOCの利用者が増えるというのです。

また別のグループでは、「育児休暇」をキーセンテンスとする意見が出ました。現代では育児休暇の取得によりキャリアが止まったり、キャリアダウンにつながることが問題視されていますが、育児休暇中にMOOCを活用してさまざまな講座を受講することで、むしろキャリアアップやスムーズなセカンドキャリアへとつながるのではないかという考えです。

「通常、初回のセッションは10分もすると静かになってしまいますが、今回は話が尽きず、皆さんの意識の高さが垣間見えました」と、ファシリテーターを務めた阪井氏が驚くほど、活発な議論が交わされました。

メンバーチェンジを経て行われた2回目のセッションでは、1回目の議論を基に、他花受粉的に議論が広がっていき、「大学受験に失敗したとしても、MOOCを使うことで学習ができ、やり直しができる社会になっていく」「今後外国人労働者の受け入れが増えることが予想される中で、MOOCで日本の風土を伝えたり、日本での働き方を紹介することで、スムーズな就労と、日本経済の再生につながっていく」といった意見が出されました。

第1回WS-3

白熱したセッションを経て抽出された11のキーセンテンス

そして、各自がキーセンテンスを出し合い、煮詰めていく“焦点化セッション”が終了し、3回目のセッションは、各グループで、より注目度の高いキーセンテンスを抽出する“結晶化セッション”となりました。

最後のセッションだけあり、これまで以上に白熱した議論が交わされ、いよいよキーセンテンスの共有化が行われます。各グループからは、以下の11のキーセンテンスが出されました。キーセンテンスの背景にある考えとともに紹介します。

第1回WS-4


      1. 評価される対象が、学歴から学習歴に変わる
      …現代の日本の就職活動では、どの大学のどの学部を出たということが重要視されるが、MOOCが普及することにより、どの講義を受けたかという学習歴が評価されるようになる。

      2. 感性を磨く教育が必要とされる
      …AIが発展すると、現代の学習で重要視されるパターン認識の重要性は薄れると考えられる。そこで、より人間らしい感性を磨く教育の必要性が高まっていく。

      3. 学習のメインデバイスがPCからウェアラブルに変わる
      …AIとともに近年発達が進むウェアラブルが、PCに取って代わり学習のメインデバイスになることで、学習機会が増大する。

      4. AIの発展によって国境(言語の壁)がなくなる
      …AIの発展によって言語の壁がなくなることで、国境もなくなり、世界がフラットになる。そこでより多くの人が多種多様なMOOCを使って学習を行う。

      5. 人の変遷・積み重ねが見える世界になる
      …現代では、学歴がその人の歴史を表すものとなっているが、学習歴が顕在化されるMOOCによって、より詳細に個々人の変遷や積み重ねたものが見えるようになる。

      6. やり直しがきく社会になる
      …MOOCを活用することによって、その人にとって最適な学習を、その人自身で選びとれるようになることで、受験などで失敗をしてもやり直せる社会になる。

      7. 個の学習からコミュニティの学習になる
      …現代における学習はひとりで行うものだが、MOOCなど、オンライン上で学習を行うことで、時と場所を選ばずにコミュニティに参加しながら学習ができるようになる。

      8. 入学、卒業という区切られた学びから、シームレスな学びになる
      …今の日本では小中高大という決まった区切りで学習が行われるが、生涯を通じて学べるMOOCの普及により、入学・卒業という区切りがなくなり、必要なものを必要なタイミングで学ぶことができるようになる。

      9. 個人のライフスタイルに合わせ、学びの目的、学び方が多様化する
      …個人の人生の時間軸の中で、教育は決まった期間のみに受けられるものであったが、その人のライフスタイルに合わせてそれぞれの節目で適切な学習が可能になる。

      10. 学びの場がボーダレスなコミュニティになる
      …「学校」という枠組みの中で行われていた学習が、地域や国を超え、ボーダレスなコミュニティの中で行われるようになる。

      11. 学びの個別化、コミュニティを支える技術としてIOT、ビッグデータの活用が進む
      …個人のライフスタイルに合わせた学習への変化、ボーダレスなコミュニティの実現を果たすために、IoTやビッグデータの活用が進んでいく。

キーセンテンスの抽出から、シナリオ・プランニングへ

そして最後は、この日のゴールである「今後の日本における“学び”、“MOOC”に影響を及ぼす要因で肝となる“注目のキーセンテンス”を2つ選び出す」という作業が行われました。

各参加者が、前述した11のキーセンテンスの中で「2025年までに影響がある」と思われるものに挙手。その結果、「感性を磨く教育が必要とされる」と「個人のライフスタイルに合わせ、学びの目的、学び方が多様化する」が選ばれました。

第2回目のワークショップでは、第1回目で選ばれた2つのキーセンテンスを踏まえた上で、2025年の日本での“学び”や“MOOC”の姿をシナリオとして描いていくことになります。(文:土屋 季之)

第1回WS-5


第2回ワークショップ 開催報告

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録