プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

「レガシー共創フォーラム2014」
 レガシー共創から未来創造へ-2030年を見すえ、築き・遺すもの-

【満席となりましたので、お申込受付は終了いたしました】

オリンピック・パラリンピックは世界最大級のスポーツ祭典であると同時に、開催都市はじめ国や地域に持続する良い効果をもたらすことが期待されています。IOC(国際オリンピック委員会)はこれをレガシー(未来への遺産)と呼び、スポーツをはじめ社会(文化・教育)、環境、まちづくり、経済の各分野で成果を生み出すことを提唱しています。

2020年オリンピック・パラリンピック東京大会におけるレガシー創造に向け、このたびプラチナ社会研究会レガシー共創協議会と早稲田大学スポーツ科学学術院は、レガシー共創フォーラム2014を開催いたします。

関係者が一堂に会してレガシー創造の意義、具体的な方向性を議論するとともに、各分野の連携の機会とできればと考えています。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日時

2014年11月27日(木) 14:00~17:00(開場 13:00)

会場

早稲田大学大隈記念講堂(東京都新宿区戸塚町1丁目104)
 地図:http://www.waseda.jp/jp/campus/waseda.html

主催(共催)

プラチナ社会研究会レガシー共創協議会
 早稲田大学スポーツ科学学術院

後援

文部科学省、経済産業省、国土交通省、東京都
 日本オリンピック委員会
 日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック委員会
 ラグビーワールドカップ2019組織委員会
 関西ワールドマスターズゲームズ2021大会準備委員会
 日本経済新聞社

参加費

無料(事前にお申込いただけば、どなたでも参加できます)

プログラム

【来賓挨拶】
 文部科学省、東京都など幹部(調整中)

【第1部】 未来創造とレガシー(関係団体ならびに府省の取組紹介)】
 <報告者>
  東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 企画財務局
   レガシー担当部長 佐々木良様
  東京都 オリンピック・パラリンピック準備局 計画調整担当部長 鈴木一幸様
  内閣官房 2020年オリンピック・パラリンピック東京大会推進室 参事官 田村寿浩様
  文部科学省 政策評価審議官 岩瀬公一様
  経済産業省 大臣官房政策評価広報課長 前田泰宏様
   (兼 内閣官房 2020年オリンピック・パラリンピック東京大会推進室 参事官)
  国土交通省 総合政策局政策課長 青木由行様
  総務省 情報通信国際戦略局情報通信政策課長 小笠原陽一様
  日本ラグビーフットボール協会 RWC2019委員会 レガシーコーディネーター 西機真様
  関西ワールドマスターズゲームズ2021準備委員会 副部長 東直也様

 <モデレーター>
  早稲田大学スポーツ科学学術院教授、レガシー共創協議会会長、組織委員会参与 間野義之

【第2部】 民間からのレガシー共創(民間発意によるレガシー事業提案)
 <全体報告者>
  「レガシー共創に向けた提言」レガシー共創協議会 事務局長 仲伏達也
 <個別事業報告者>
  「パラリンピックレガシー」日本パラリンピアンズ協会 理事 初瀬勇輔様
  「スポーツ合宿マッチング」セレスポ サステナブルイベント研究所長 越川延明様
  「おもてなし認証」SGSジャパン 認証サービス事業部 一蝶茂人様
  「ワーキングプレイス」サントリーパブリシティサービス 取締役 大村未菜様
  「自転車走行空間ネットワーク化」イルカ 代表取締役 小林正樹様

    ※いずれも調整中。変更・キャンセルの可能性があります。

申込方法

満席となりましたので、お申込受付は終了いたしました。


お問合せ

株式会社三菱総合研究所 プラチナ社会研究会
 レガシー共創フォーラム2014事務局 担当:岡田・菅原
 E-mail: legacy1127@mri.co.jp / TEL: 03-6705-6098

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録