プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

自治体分科会「自治体に求められる番号制度への対応」シリーズ

概要

行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(番号法)が成立し、2016年1月の番号利用開始に向け、政府では本格的な準備を開始しています。一方、自治体においては、番号の利用に関し「自主的かつ主体的に、その地域の特性に応じた施策を実施する」ことが責務とされています(番号法第5条)。

プラチナ社会研究会では自治体分科会のテーマとして「番号制度を活用した業務改革」を取り上げ、2回にわたり、自治体・民間企業のご参加のもとで情報共有と意見交換を行います。

  • 第1回:2013年 9月27日(金) 自治体における番号制度を活用した業務改革
  • 第2回:2013年10月23日(水) 自治体における情報照会・情報提供に向けた準備

参加募集は、各回、都度行います。皆様の積極的なご参加をお待ちしています。
 (恐縮ですが、会場都合により、自治体会員を優先させていただきます)

本分科会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会
自治体分科会事務局
E-mail: p24jichi-e-info@mri.co.jp TEL: 03-6705-6009
担当: 川上・檜垣・菅原

関連する分科会

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録