プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

復興推進連絡会

提案者

  • 代表提案者:三菱総合研究所

背景と目的

    東日本大震災からの復興は、高齢化・地球環境対応・雇用新産業創造というプラチナ社会研究会の基本テーマと根本で目標を同じくするものである。会員の多くが、復興を推進したいと考え、実践している。
    こうした中で、当研究会活動を通じ、復興庁との連携を強化しつつ、会員相互の情報共有も進めていけるよう連絡会を設置する。
    会員の連携による復興事業の共同企画・推進を視野に入れた活動とする。

プロジェクト内容

  1. 復興庁を中心とする官公庁との意見交換会…年数回
    • 全般的情報提供
    • テーマ別意見交換会
  2. 会員交流会…復興関連事業の情報交換
    • 各会員の取り組み状況紹介
    • 連携のための交流(会費制交流会等)
  3. その他…現地との交流、他
    • 「復興は現地での取組みこそ」の考えに基づき、随時、地元での検討会などを実施

参加いただきたい会員

    本分科会(連絡会)の参加は、原則としてA会員(民間企業会員)に限定します。

    連携先の復興庁側の窓口が、企業誘致、雇用・産業振興をミッションとする企業連携推進室であることから、東日本大震災からの復興に事業提案・情報提供いただける会員、自ら事業レベルで取り組もうとされる会員のご参加を期待します。

スケジュール

    2012年
     ・3月27日~4月11日 募集、 4月17日 発足
     ・4月18日  復興庁によるH24年度予算復興関連事業説明会
     ・5月24日  テーマ別交流会(地場産業復興、新産業創生、インフラ整備・まちづくり)
     ・7月6日   全体交流会(復興庁、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、気仙沼市、石巻市、名取市ご出席)
     ・10月31日 現地交流会(福島県南相馬市)
     ・11月22日 現地交流会(岩手県陸前高田市)
    2013年
     ・2月26日  全体交流会(復興庁、岩手県、宮城県、福島県、茨城県ご出席)
     ・4月以降  現地交流会(宮城県、予定)

参加費用

    参加費無料(行動費等は自己負担)
     ※ただし、積極的に事業提案・情報提供、事業参画をお願いします。

募集期間

  • 随時
  • 本連絡会に参加を希望する会員は、
    連絡会の担当者の会員名・所属・役職・氏名・連絡先住所・連絡先(電話・Fax・メール)を研究会事務局まで連絡してください。

    申し込み先 : 復興推進連絡会事務局(p25fukko-p@mri.co.jp)

参考資料

スケジュール

第3回 復興推進連絡会 [2013年2月 開催]

本分科会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会 事務局
E-mail: platinum@mri.co.jp TEL: 03-6705-6009

関連する分科会

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録