プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

2016年度復興推進連絡会 「東日本大震災からの復興の軌跡と展望」

東日本大震災から節目となる5年が経過しました。防災インフラをはじめ生活や産業を支える基盤整備は着実に進んできましたが、基盤上で展開される活動の再構築は道半ばにあります。多くの被災者が避難生活、生活再建になお苦しんでおられる現実も残されています。引き続き着実な復興推進、さらには次世代へ向けた地域振興が求められています。

2020年に復興の進む姿を全世界に見ていただくことは国際公約になっています。また、東北の取組を、熊本・大分地震被害の復興はじめ、全国の防災、地域創生に生かしていく課題もますます重要になります。

プラチナ社会研究会復興推進連絡会は2011年から復興の現地と連携して、復興支援を推進して参りました。今般、復興の5年間を振り返り、今後を展望する節目の取組を行います。

ご多用中と存じますが、ぜひご参加いただきますよう、お願い申し上げます。

日時

2016年7月12日(火) 14:00~17:00(開場13:30)

会場

三菱総合研究所 大会議室

プログラム

14:00 【開会】

14:05 【講演】復興5年間の成果と課題
       復興庁 参事官補佐 槇本 英之様

14:30 【報告】被災地企業と企業連携の取り組み
       復興庁 参事官補佐 藤原 敬士様

14:40 【報告】復興自治体の現状と課題(各15分)
       岩手県 復興局復興推進課(推進担当) 推進協働担当課長 鎌田 徳幸様
       宮城県 震災復興・企画部震災復興政策課 副参事兼課長補佐 川越 開様
       福島県 企画調整部復興・総合計画課 主幹 高橋 伸英様

15:25 【報告】集団移転跡地の利活用について
       仙台市 都市整備局 復興事業監 相沢 清志様

15:40 【休憩】

15:55 【提言】震災復興レガシーの共創・共有を
       三菱総合研究所 社会公共マネジメント研究本部長 小川 典文

16:15 【ディスカッション】復興と地域振興の今後
       岩手県、宮城県、福島県、三菱総合研究所
       (モデレータ 三菱総合研究所)

17:00 【閉会】

     ※内容は変更になることがありますので、予めご了承ください。

参加いただきたい会員

東日本大震災の復興事業、全国的な地震防災対策等に関心のある会員

申込方法

お申込受付は終了いたしました。


本分科会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会
復興推進連絡会事務局 担当:菅原、高橋
E-mail: platinum@mri.co.jp TEL: 03-6705-6009

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録