プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

公共施設マネジメント分科会

提案者

代表提案者:株式会社三菱総合研究所

分科会概要

【背景】

公共施設等総合管理計画の策定は2016年度で終了し、現在自治体の関心は具体的に計画を実行していく内容、方法にあります。

同計画の趣旨は公共施設のコストの削減を計画的にコントロールしていこうというものです。大半の自治体は「長寿命化による建替コストの回避」「集約・複合化による施設総量の圧縮」を目標に掲げています。

特に集約複合化は、施設を廃止せずに効率的な面積配分により面積縮小をすることが目標達成につながることの認識が広がり、総務省では複合化案件を起債の条件にする、文部科学省では学校複合化のあり方を研究する、内閣府では複合化・多機能化の経済効果を調査研究(昨年度当社受託)など国も動きを加速させる方針です。

本分科会では、特に集約・複合化をとりあげ、複合化の効果・意義およびその具体的方法について社会に発信することを目指します。

【目的】

 1.自治体・民間が集約・複合化を円滑に実施するための手法の研究・対外的発信
  2.これを通じて当社の活動内容発信と複合化案件予算獲得

プロジェクト内容

【分科会の開催(第1回)】
  「公共施設マネジメントの合意形成」 2017年5月12日(金)
  1)講演:合意形成をどう進めるか(株式会社三菱総合研究所)
  2)講演:インフラ事業における合意形成(群馬県)
  3)講演:公共施設マネジメントと合意形成(新潟市)
  4)パネルディスカッション:合意形成推進の実際

【合意形成ガイドラインの作成】 …9月頃予定
  第1回分科会の内容を踏まえ、学識経験者を加え、冊子を作成・提言

【分科会の開催(第2回)】…開催時期調整中

参加いただきたい会員

【地方自治体会員】
 ・公共施設マネジメントに課題を抱えておられる自治体
 ・その課題を率先して解決したいとされている自治体

【民間企業】
 ・公共施設の維持管理関連の事業に携わっている民間企業会員
 ・施設関連のマーケティング、ファイナンス等の知見をお持ちの会員

参加費用

無料

募集期間

都度参加者募集

スケジュール

本分科会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会
公共施設マネジメント分科会事務局
E-mail: p35facility-info@mri.co.jp TEL: 03-6705-6009
担当: 菅原・高橋

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録