プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

公共施設マネジメント分科会(2016年度)<第2回>

テーマ:官民連携による公共施設再生の可能性(公共施設再生×CCRC)

地方公共団体では、老朽化公共施設の整理・再編を進め、財政負担を抑制していくことが大きな課題となっています。一方で、少子高齢化や人口減少の局面を打開するため、既存の建築ストックをうまく活用しながら、地方創生に結び付けていく取り組みが注目され始めています。

政府では、地方創生の処方箋のひとつとして、元気なシニアが地方都市などに移住して新たなコミュニティを構築し、生涯活躍できるまち、「日本版CCRC」の取り組みが進められています。日本版CCRCを全国に普及させるにあたり、その舞台として、既存の公共施設、特に公営住宅等が注目されはじめています。

CCRC事業は基本的に民間事業として推進されることから、公共施設の活用に当たっては、官民の密接に連携した企画・推進が必要とされます。

公共施設マネジメント分科会第2回は、公共施設の活用・再生の方向性のひとつとして、公共施設を活用した日本版CCRC事業の実現可能性について論点提示し、地方公共団体における課題解決のヒントを導出することを目指して開催します。

公営住宅をはじめとする公共施設の管理者の皆様、民間企業の皆様、ぜひご参加ください。

概要

開催回:

第2回

日時:

2016年11月11日(金)14時00分 ~ 17時00分

場所:

株式会社三菱総合研究所 4階 大会議室

プログラム:

開会・趣旨説明

<第1部>
 【講演1】公共施設を活用したCCRC事業の可能性
  株式会社三菱総合研究所 プラチナコミュニティグループリーダー
  長谷川 専

【講演2】公的住宅団地を活用したコミュニティ再生事業
  株式会社コミュニティネット 代表 高橋 英與様

【講演3】】CCRC事業における既存建築ストックの活用
  株式会社スマートコミュニティ 代表取締役社長 染野 正道様

<第2部>
 【パネルディスカッション】

<パネリスト>
株式会社コミュニティネット 代表 高橋 英與様
株式会社スマートコミュニティ 代表取締役社長 染野 正道様
株式会社三菱総合研究所 主席研究員 長谷川 専
<モデレーター>
株式会社三菱総合研究所 プラチナ社会センター 菅原 章文

閉会

     ※内容は変更になることがありますので、予めご了承ください。

参加条件

プラチナ社会研究会会員の方でなくても、どなたでもご参加いただけます。

プラチナ社会研究会非会員の方はこの機会に是非お申し込みください。
 【研究会へのご参加をご検討のみなさまへ】
  (民間企業:一口5万円(税別)、自治体:無料、大学・研究機関:無料)

申込方法

お申込受付は終了いたしました。


本分科会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会
公共施設マネジメント分科会事務局
E-mail: p35facility-info@mri.co.jp TEL: 03-6705-6009
担当: 菅原・高橋

関連する分科会

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録