プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

インバウンド振興研究分科会<第2回>

2017年度第2回会合をインバウンド研究会と合同で、「プラチナ・インバウンド研究会」拡大版として開催致します。

2017年に入っても、訪日外国人旅行者数は堅調に増加しています。一方で、モノ消費からコト消費への変化、と言われるように、訪日外国人旅行者数や消費額単価にとどまらず、どのような消費が行なわれているか、セグメントごとに捉えていくべき状況となってきました。

2017年度第1回会合では、“消費の質”について「富裕層」という市場の視点に立って話題提供を行いましたが、第2回会合ではコンテンツの視点から「スノーリゾート」に着目します。「スノーリゾート」については、観光庁における「スノーリゾート地域の活性化に向けた検討会」が2015年1月から2年間の議論をまとめた最終報告書が出されたところでもあります(2017年5月)。

「スノーリゾート地域の活性化に向けた検討会」の最終報告
 ~世界に誇れるスノーリゾートを目指して~
 http://www.mlit.go.jp/kankocho/news04_000147.html

ながらく低迷が言われていた「スノーリゾート」が、どのように質の向上に取り組んで復活してきているのかについて、政策動向、また現場からのご報告を頂きます。

ご講演の後は、いつものようにフロアの有識者の方々、またご参加のみなさまとの意見交換を予定しております。

夕方の開催となりますが、ご参加をよろしくご検討下さい。

概要

開催回:

第2回

日時:

2017年10月30日(月)17時00分 ~ 19時00分

場所:

株式会社ぐるなび本社15階 会議室(東京都千代田区有楽町1-2-2)

プログラム:

1)ごあいさつ
   プラチナ・インバウンド研究会 本保芳明委員長

2)ご講演
   「スノーリゾート地域の活性化に向けた政府の取組について」(仮)
   観光庁資源課長 蔵持京冶氏

3)ご講演
   「スノーリゾート地域の現状と取組について」(仮)
   (調整中)

4)意見交換

5)事務局連絡

    ※内容は変更になることがありますので、予めご了承ください。

参加条件

今回は拡大版として開催のため、「プラチナ・インバウンド研究会」の会員以外の方もご参加いただけます。

申込方法

10月26日(木)まで
 下記専用サイトよりお一人ずつお申込みください。
 ※定員になり次第締め切らせていただきます。あらかじめご了承ください。

申込専用ページ


本分科会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会 インバウンド振興研究分科会事務局
担当:片岡・宮崎
E-mail: p38inbound-p@ml.mri.co.jp

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録