プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

インバウンド振興研究分科会(2017年度)<第3回>

2017年度第3回会合をインバウンド研究会と合同で、「プラチナ・インバウンド研究会」拡大版として開催致します。

2017年度第1回会合では、“消費の質”について「富裕層」という市場の視点に立って話題提供を行いました。前回、第2回会合ではコンテンツの視点から「スノーリゾート」の質の向上への取組について協議を行いました。

今回、第3回会合は、食・食文化の全般に関わる観光「ガストロノミーツーリズム」について、国内外の有識者による講演を通じて日本における現状・可能性を探ります。

ガストロノミーツーリズムは、小さな村でも推進できる旅行形態であり、地域創生の実現、日本の観光産業の質の向上、訪日外国人の地域への拡散などを促す可能性を持つものであり、国連世界観光機関(UNWTO)がその振興を進めています。

第3回会合としてご案内する「ガストロノミーツーリズムin Japanシンポジウム」は、UNWTOと公益社団法人日本観光振興協会、株式会社ぐるなびが共同で調査した「日本のガストロノミーツーリズムの現状」がまとまったことを記念して実施するものです。

豪華かつ貴重なプログラムとなっていますので、ぜひご参加をご検討下さい。

概要

開催回:

第3回

日時:

2018年2月5日(月)13時30分 ~ 17時20分

場所:

国連大学「ウ・タントホール」 (※三菱総合研究所ではございません)

プログラム:

1)主催者挨拶
  (公社)日本観光振興協会会長 山口範雄氏
  国連世界観光機関駐日事務所代表 本保芳明氏

2)来賓挨拶
  国連世界観光機関事務局長 タレブ・リファイ氏
  観光庁長官 田村明比古氏
  農林水産省食料産業局食文化・市場開拓課長 西経子氏

3)基調講演
  「海外におけるガストロノミーツーリズムの潮流」
  国連世界観光機関アフィリエイトメンバー部部長 ヨランダ・ペルドモ氏

4)調査報告
  「我が国のガストロノミーツーリズムに関する調査」
  三菱総合研究所 地域創生事業本部地域づくり戦略グループ
  観光立国実現支援チームリーダー 宮崎俊哉氏

5)鼎談・「調査を終えて」
  (株)ぐるなび代表取締役社長 久保征一郎氏
  (公社)日本観光振興協会理事長 久保成人氏
   司会:(一社)ONSEN・ガストロノミーツーリズム推進機構理事長
       見並陽一氏

6)パネルディスカッション
  「ガストロノミーツーリズムで食文化を守り・育て、そして地域を元気に」

モデレーター:
  (株)ANA総合研究所取締役会長 小川正人氏

パネリスト:
  奈良県知事 荒井正吾氏
  気仙沼商工会議所会頭 菅原昭彦氏
  天領酒蔵(株)代表取締役 上野田隆平氏
  国連世界観光機関アフィリエイトメンバー部部長 ヨランダ・ペルドモ氏

参加条件

今回は拡大版として開催のため、「プラチナ・インバウンド研究会」の会員以外の方もご参加いただけます。

募集人員

360名(申込み先着順のため、お早めのお申込みをお願い致します。)

申込方法

シンポジウムの詳細、申込方法は下記をご覧ください。

「ガストロノミーツーリズムin Japanシンポジウム」(公益社団法人日本観光振興協会)
  https://www.nihon-kankou.or.jp/home/topics/gastronomy/

※お申込先は、インバウンド研究会ではございません。ご注意下さい。


本分科会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会 インバウンド振興研究分科会事務局
担当:片岡・宮崎
E-mail: p38inbound-p@ml.mri.co.jp

関連する分科会

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録