プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

次世代介護サービス研究会

第4回分科会(1/27開催) ご案内ページへ

提案者

  • 代表提案者:株式会社三菱総合研究所

背景と目的

    介護ロボットの開発・実用化は国の成長戦略にも位置付けられており、経産省(主に機器開発)、厚労省(主に実用化支援)ともに支援事業が進められていますが、現時点までの進捗を見る限り、現在の介護現場で積極的に使いたいと思えるものができていない状況です。
    しかし将来的には介護人材が逼迫することは明らかであり、介護サービスプロセス全体の見直し、ロボット技術活用の可能性、提供する価値の見直しなどの検討が必要です。
    本分科会では、介護サービスを提供する事業者側と、開発事業者、さらに介護・生活支援サービス分野に関心を持つ新たな事業者などが意見交換出来る場を設けて、これまでのサービスの見直しポイント、技術活用の方向性について認識を共有し、介護関連分野の新たな将来像を検討します。

プロジェクト内容

参加いただきたい会員

  • 介護ロボット開発を検討している企業
  • ロボット技術の活用を検討している介護関連事業者
  • 新しい発想で介護・生活支援分野への取組を検討しようとしている企業
  • 長期視点で新たな介護・生活支援の仕組みを検討したいと考えている自治体

    ※参加会員には毎回、自社の取組・課題、問題意識等をご発表頂く機会を設ける予定です。

スケジュール

    1~2ヶ月に1回程度の頻度で分科会を開催します。

参加費用

    無料(視察等に伴う交通費等の実費は各社にご負担いただきます。)

募集期間

    随時

スケジュール

本分科会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会 次世代介護サービス研究会事務局
担当:森、橋本、北原、原田
E-mail: p41care-p@mri.co.jp TEL: 03-6705-6009

関連する分科会

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録