プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

レガシー共創協議会

「レガシー共創協議会」について
 http://www.mri.co.jp/opinion/legacy/index.html

概要

オリンピック・パラリンピックは世界最大級のスポーツの祭典であるとともに、多くの分野で持続的に開催地・国に良い影響をもたらすことが期待されています。こうした効果を国際オリンピック委員会(IOC)は「オリンピック・レガシー」と呼び、スポーツ、社会(文化、教育)、環境、都市、経済などの分野で未来へのレガシーを遺すことを2012年ロンドン大会から特に重視しています。

わが国においては、2020年という明確な目標が設定されることで、実現のハードルが高い課題の解決やイノベーションを一気に加速する好機になると考えます。なお、五輪だけでなく2019年のラグビー・ワールドカップ、2021年のワールド・マスターズ・ゲームズ関西大会などのイベントも一体的に捉えて連携し、産官学のオールジャパンで日本全国の課題解決に取り組むことが重要と考えます。

以上の背景を踏まえて、異業種・産官学の協働によってレガシープランと具体的なレガシー事業・施策を創造するため、プラットフォームとして、「レガシー共創協議会」を設立いたします。協議会としては、レガシー・プランを社会・関係者に提案するとともに、その中に含まれるレガシー事業・施策のいくつかを能動的に創り出すことまでを目標とします。

プロジェクト内容

<第3フェーズ>
第1・第2フェーズに引き続き、①気運醸成、②ネットワーキング、③インキュベーションを進めていきます。提言やフォーラム等の情報発信、全体会・ワークショップ・セミナーなどの会議開催のほか、レガシー共創プロジェクトの推進(具体化検討、情報交換会・提案会等)を図る予定です。

参加いただきたい会員

2020年東京オリンピック・パラリンピック等を契機に社会的課題の解決を加速し、未来に向けて良いレガシー(遺産)を異業種・産官学の協働によって築いていくという趣旨に賛同いただける企業・団体様(プラチナ社会研究会会員に限定します)

参考資料

<第3フェーズ>
入会関連資料は以下の通りです。入会ご希望の際には、ご一読の上、事務局まで「参加申込書」をメールでご送付ください。

本分科会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会
レガシー共創協議会事務局
E-mail: p42legacy-info@mri.co.jp TEL: 03-6705-6098

関連する分科会

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録