プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

オリンピック・レガシー検討会 企画説明会

テーマ:オリンピック・レガシーの意義と期待

東京オリンピック・パラリンピック招致決定は、開催地東京だけでなく、全国に大きな高揚感を巻き起こしました。2020年に向け、本格的な準備が開始されています。

2020年東京オリンピック・パラリンピックは、スポーツの祭典であると同時に、国際オリンピック委員会(IOC)が近年強調している 「オリンピック・レガシー」 が大きな注目を集めることになります。

オリンピック・レガシーとはオリンピックによってもたらされる未来への遺産(持続的効果)を表現する言葉です。IOCによれば、オリンピックは世界最大のスポーツの祭典であるにとどまらず、開催への準備、開催を通して、開催都市、地域、国に大きな変革の機会を与え、その取り組みが持続する資産として多くの分野に良い影響をもたらすことが期待されています。同時に、開催都市にはそうしたレガシー効果を具現化すべく、準備の早い段階から計画に組み入れ、実現することが要請されており、IOCはそれを支援することが表明されています。

プラチナ社会研究会では、オリンピック・レガシーが、研究会の目指すプラチナ社会構想と多くの共通点を持つことに注目し、検討会を立ち上げ、共同プロジェクトの創造に向けた取り組みを開始します。

今回はその企画説明会として、早稲田大学間野教授からオリンピック・レガシーの意義についてお話頂くとともに、本検討会の提案者である三菱総研から会員の皆様への提案をさせて頂きます。また、ご参加の皆様から、東京オリンピック・パラリンピックへの期待についてお話いただく時間も持ちたいと考えております。皆様、ぜひご参加下さい。

プログラム(予定)

15:00~15:05 開会

15:05~16:00 「オリンピック・レガシー」の意義と東京オリンピックへの期待(仮題)
          早稲田大学 スポーツ科学学術院 教授 間野 義之氏

16:00~16:20 「オリンピック・レガシー」創出に向けた提案(仮題))
          三菱総合研究所 “ビジョン2020”推進センター センター長 仲伏 達也

16:20~16:55 意見交換

16:55~17:00 閉会

日時

2014年1月29日(水) 15:00~17:00(開場14:30)

会場

三菱総合研究所4階会議室(東京都千代田区永田町二丁目10番3号)
 地図:http://www.mri.co.jp/company/info/office/headoffice_map.html

申込資格

この企画説明会は、プラチナ社会研究会会員以外の皆様もご参加いただけます。

なお、この機にプラチナ社会研究会研究会へのご入会を検討される方は、下記URLで詳細をご確認下さい。
  【研究会へのご入会をご検討のみなさまへ】

申込方法

下記専用URLよりよりお一人ずつお申込みください。
 ※定員(180名)を超える場合は抽選で参加者を決定いたします。あらかじめご了承ください。


申込専用ページ


お問合せ

株式会社三菱総合研究所 プラチナ社会研究会
 事務局担当:菅原・森・柴崎・檜垣
 E-mail: p42olympic-info@mri.co.jp / TEL: 03-6705-6009

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録