プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

三世代消費行動分科会<第1回> 活動報告

軽井沢での三世代のリゾート滞在物語を考える

三菱総合研究所が主催するプラチナ社会研究会は、この度「三世代消費行動分科会」を立ち上げました。今後益々拡大が見込まれる三世代市場はシニアの生きがい、企業のビジネス、市町村の街おこしの三方一両得につながる有望分野です。

当分科会では、三世代消費に関わる市場動向、先駆的な事例、求められるビジネスモデルを産官学で検討すると共に、具体的なケーススタディと出口戦略として、今回軽井沢を舞台に、三世代のリゾートライフのデビューシーンやビジネス機会を考えます。

多様な分野の専門家の講演や報告、そしてパネルディスカッションや参加者との意見交換などご興味頂ける内容となっております。

第1回は、軽井沢プリンスホテルにて「軽井沢における三世代消費行動ワークショップ」開催いたします。是非多方面からのご参加をお待ちしています。

概要

開催回:

第1回

日時:

2014年5月16日(金)13時00分 ~ 19時45分

場所:

軽井沢プリンスホテル

プログラム:


13:00 【三世代宿泊施設の視察】
     「ザ・プリンスヴィラ軽井沢」
14:00 【ワークショップ】
     ・開会挨拶
      軽井沢RCC推進協議会 歓迎挨拶 軽井沢町
     ・基調講演「三世代消費行動の現状と将来動向」
      三菱総合研究所
     ・報告「三世代消費行動物語」
      「プリンスグランドリゾート軽井沢の三世代演出計画」
      軽井沢プリンスホテル
      「三世代で感じる絵本文化」軽井沢絵本の森美術
      「音楽シーンの演出、地域や世代で!」ヤマハミュージックジャパン
      「日本橋三越のカルチャーリゾート百貨店宣言」三越伊勢丹 
      「三世代住宅から考える、家族みんなが楽しむ工夫」
      ミサワホーム総合研究所
     ・パネルディスカッション「軽井沢三世代行動体験を共有しよう」
18:15 【レセプション】

参加費用

5,000円(税込み、レセプションを含む)

申込方法

お申込受付は終了いたしました。

活動報告

第1回 三世代消費行動分科会を2014年5月16日 軽井沢プリンスホテルにて開催しました。

【視察】
 軽井沢プリンスに今夏オープンする三世代宿泊施設「ザ・プリンス ヴィラ軽井沢」の視察。

【基調講演】
三菱総合研究所 高橋主席研究員から、「三世代消費がシニア消費を牽引する!」として、シニア消費の特徴、直近のネットアンケートによる消費者の声、市場攻略のポイントが報告された。

三菱総合研究所 松田主席研究員から「失敗しないシニアの三世代デビュー」として、男性シニアが陥りやすい失敗例と、貢献欲求や承認欲求を充足させる消費の重要性が報告された。

第1回三世代消費行動分科会-1 第1回三世代消費行動分科会-2

    写真左:三菱総合研究所/高橋主席研究員、右:三菱総合研究所/松田主席研究員

【第一部:三世代消費行動物語の発表】
 ・軽井沢プリンスホテル 小山総支配人から「プリンスグランドリゾート軽井沢」の事業環境、コンセプト、施設、サービスが紹介され、三世代消費の「場」としてのデザインのあり方が提起された。

・軽井沢絵本の森美術館 須賀学芸員から「三世代で感じる絵本文化」をテーマに、絵本を介した三世代コミュニケーションの効能と「軽井沢絵本の森美術館」の展示コンセプトが説明された。

第1回三世代消費行動分科会-3 第1回三世代消費行動分科会-4

    写真左:軽井沢プリンスホテル/小山様、右:軽井沢絵本の森美術館/須賀様

・ヤマハミュージックジャパン 吉田リーダーから「音楽シーンの演出、地域や世代で!」をテーマに、軽井沢向けに音楽を使ったファミリーアンサンブルや音楽の街づくりなど三世代向けプログラムが提案された。

・三越伊勢丹 三原マネージャーから「日本橋三越のカルチャーリゾート百貨店宣言」をテーマに、かつて三世代でお出かけする場所であったデパートを進化させた今の店づくりと「平日は日本橋で、リゾートは軽井沢で」というコンセプトが提起された。

第1回三世代消費行動分科会-5 第1回三世代消費行動分科会-6

    写真左:ヤマハミュージックジャパン/吉田様、右:三越伊勢丹/三原様

・ミサワホーム総合研究所 富田室長から「三世代住宅から考える、家族みんなが楽しむ工夫」をテーマに、独自の研究報告の中で、「三世代同居のニーズが高まっているが、適切な距離感のデザインが重要」との報告がなされた。

第1回三世代消費行動分科会-7

    写真:ミサワホーム総合研究所/富田様

【第二部 パネルディスカッション】
 「軽井沢三世代行動体験を共有しよう」をテーマに、第一部での報告者がパネリストとして登壇し、軽井沢での可能性についてディスカッションを行った。

会場からも活発な意見や質問が行われ、「宿泊施設のハードだけでなくソフトの重要性」、「孫が小学校を卒業した頃から参加率が減る課題」、「家族の三世代だけではなく、家族以外の三世代市場の可能性」、「短期滞在でなく長期滞在の有望性」などが挙がった。

 第1回三世代消費行動分科会-8

    写真:パネルディスカッションの様子

【レセプション】
 レセプション会場で懇談会が開催され、産官学の多様な参加者が、三世代市場や軽井沢モデルについて語り合い懇親を深めた。

本分科会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会
三世代消費行動分科会事務局
E-mail: p45-3sedai@mri.co.jp TEL: 03-6705-6009
担当: 松田・宇都宮

関連する分科会

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録