プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 
雇用 2014年12月1日

シニア人材マネジメント分科会

第4回分科会(11/17開催) 活動報告

提案者

  • 代表提案者:株式会社三菱総合研究所

背景と目的

    生産年齢人口が減少していく中で、労働力の確保及び高年齢者の活用は企業にとって中長期的な課題となっています。この分科会では、有識者から情報提供をいただきながら、高年齢の就業者が生産性を高めつつ、いきいきと職場で活躍するために、個々の会社や国ではどのような取組が求められるかについて議論します。

プロジェクト内容

    分科会開催予定は以下のとおりです。なおテーマ、開催時期等は変更する場合があります。

【第1回分科会】テーマ「企業の成長につながるシニア人材の能力発揮」
 ・講演:暦年齢からの脱却、そして、プロダクティブエイジング社会の創出
    (一般財団法人日本予防医学協会理事長 神代雅晴氏)
 ・ディスカッションテーマ:高年齢者雇用の実態と課題
 ・開催:2014年8月21日(木)

【第2回分科会】テーマ「定年延長に対応した先進的な取組事例」
 ・講演:定年延長に対応した先進的な取組のご紹介
    (YKK AP株式会社/富士電機株式会社)
 ・ディスカッションテーマ:シニア人材活用の方策
 ・開催:2014年9月18日(木)

【第3回分科会】 テーマ「定年延長と継続雇用の制度」
 ・講演:高年齢者の雇用に関する制度の現状と今後
    (厚生労働省職業安定局担当者)
 ・ディスカッションテーマ:シニア人材活用の方策
 ・開催:2014年10月23日(木)

【第4回分科会】テーマ「高齢就労の活性化のために企業が取り組むべきこと、国に期待すること」
 ・ディスカッション
 ・提言のとりまとめ
 ・開催:2014年11月17日(月)

参加いただきたい会員

  • 高年齢社員の処遇をどうしたらよいか悩んでいる経営企画、人事部門
  • 高年齢社員が持つ技術・スキル・ノウハウを若手に伝承していきたいと考える教育・研修部門
  • 課題解決や新事業の担い手としてシニア活用を検討している新規事業部門
    ※参加会員には毎回、自社の取組・課題、問題意識等をご発表頂く機会を設ける予定です。

スケジュール

    1ヶ月に1回程度の頻度で分科会を開催します。

参加費用

    無料

募集期間

    2014年8月1日(金)まで

会員登録方法

    メールで下記を記載し、p47-smm@mri.co.jp宛てにお申込みください。
     (1)氏名 (2)団体名 (3)部署名 (4)役職 (5)メールアドレス
    お申込みされた方には、後日、第1回のご案内を差し上げます。

    ※お申込みの際はプラチナ社会研究会「個人情報のお取扱について」にご同意の上でお申込みください。

参考資料

本分科会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会 シニア人材マネジメント分科会事務局
E-mail: p47-smm@mri.co.jp TEL: 03-6705-6024
担当:奥村・古場・宮下・阿南

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録