プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

海外ロングステイ分科会

第1回(12/4開催) 活動報告

提案者

  • 代表提案者:一般社団法人建築都市科学検査機構
  • 共同提案者:株式会社三菱総合研究所

背景と目的

    【背景】
    プラチナ社会はアクティブシニア世代が多様なライフスタイルをグローバルに展開することが可能な社会であり、海外ロングステイを足掛かりとしてより充実した生活につなげるための参加や受け入れの仕組み更にはロングステイコミュニティの在り方を考える。またアジアの高齢化に向けて知見をアジアに広めプラチナ社会の拡大にも寄与する。

    【目的】
    海外ロングステイの現状や問題点の把握、単なる施設や場所を超えた永続性のあるロングステイコミュニティの成立条件、求められるビジネスモデルをワークショップ方式で検討する。
    ロングステイを希望する国のベスト10にアジア6か国が入っている現状を踏まえアジアでのロングステイをケーススタディの場として、ロングステイコミュニティの在り方を提案する。また、アジア各国の高齢化によるインバウンドのロングステイの地域活性化への活用も提案。

プロジェクト内容

    【第1回】2014年12月
     ◇分科会概要のご説明
     ◇具体的なプロジェクトの提案
     ◇現地視察及び今後の日程

    【海外ロングステイ現地視察I】

    【第2回】2015年以降

    【第3回】2015年以降

参加いただきたい会員

  • 海外でのロングステイコミュニティ開発(ハードの地域開発及びコミュニティのためのソフト開発)に関心のある民間企業
  • 海外での学びの場の活用などに関心のある大学、教育機関、NPO
  • インバウンド海外アクティブシニアによる地域活性化を検討する自治体、中央官庁

スケジュール

  • プロジェクト期間は2014年10月~2015年3月末です。
  • 年3回を目途に分科会を開催します。

参加費用

    分科会自体は無料。海外視察等は実費。

募集期間

    随時

スケジュール

本分科会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会
海外ロングステイ分科会事務局
E-mail: p49-longstay-ml@mri.co.jp TEL: 03-6705-6009
担当: 松田・宇都宮

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録