プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 
産業 2017年2月16日

企業のMOOC活用方法を考える

第3回(2017/3/7開催) ご案内ページへ

提案者

代表提案者:(一社)日本オープンオンライン教育推進協議会(JMOOC事務局)

共同提案者:株式会社三菱総合研究所

背景と目的

日本を取り巻く社会経済環境は、少子高齢化の進展による労働力不足、長期経済低迷による非正規雇用の拡大等が指摘されており、働き方改革の必要性が求められている。また日本は他先進国と比較すると社会人になってから学び直しする人が極端に少なく、新出分野の学びを進んで実施する機運が乏しいことも指摘されている。

こうした中、注目されるのがMOOCである。世界中で利用者が拡大しているMOOCは、日本での普及はまだ緒に就いたところではあるが、前述した日本における働き方の課題への対応にMOOCは非常に適したシステムである。さらにMOOCはコミュニティと学びを結びつけるものでもあり、企業の工夫次第でマーケティングへの活用など様々な活用方法が考えられる。

 ご参考:「2025年の日本の学びとMOOCを考える

こうした背景のもと、本プロジェクトでは、社員教育やリクルーティングはもとより、企業イメージ向上のツールとして、企業がMOOCをどのように活用できるのか等、様々な関係者とともに検討することを目的としている。

プロジェクト内容

MOOCのプレーヤーと一般企業の様々なポジションの方とで、ディスカッションベースで 企業における活用方法を検討する。

また、現在JMOOCが制作している、若手技術者育成および学び直しのための「理工系基礎科目」コンテンツに関する評価および今後の開発方針を検討する。

参加いただきたい会員

企業、大学、自治体関係者等MOOCに関心のある方

スケジュール

2017年1月12日(木) オープニングセミナー開催

2017年2月1日(水)  第1回開催

2017年2月15日(水) 第2回開催予定

2017年3月7日(火)  第3回開催予定

(詳細なスケジュールは追ってご連絡致します)

参加費用

無料

募集期間

2016年12月~2017年1月

※参加申込みについては、近日ご案内いたします。

スケジュール

本分科会に関するお問い合わせ
プラチナ社会研究会 「企業のMOOC活用方法を考える」事務局
E-mail: p59-jmooc-ml@mri.co.jp

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録