プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

Save Our Forest!森林資源のフル活用に向けてスギの用途を広げるビジネスアイデアソン

本分科会は、代表提案者である特定非営利活動法人才の木の設立10周年記念イベントのひとつとして開催いたします。

提案者

代表提案者:特定非営利活動法人 才の木

共同提案者:株式会社三菱総合研究所

背景と目的

我が国は世界有数の森林大国です!(国土面積の2/3は森林)

しかし、この森林の約4割を占める人工林では少子高齢化が進んでいます。(担い手である林家・森林組合ばかりでなく生態系そのものが・・)

このままでは健全な森林生態系を次世代に残すことが危ぶまれます。

人工林の経済的価値を高めなければ、状況は悪化の一途をたどるばかりです。

森林資源の経済価値は、木材の用途と直結します。

したがって今、都会に暮らす我々が、生活環境の中での新たな木材(特に我が国の人工林を代表する樹種であるスギ)の用途を考えることが重要な意味をもちます。

プロジェクト内容

スギの用途を広げるビジネスアイデアソン
 ・スギは住宅用建材や寺社仏閣等の構造材として広く一般に親しまれています。一方で、外国産の木材と比較すると「表面がやわらかい」「曲がりやすい」といった個性もあります。旧来の利用先のみではスギの市場成長の限界は明らかです。

・これまで森林資源活用に直接関わりのない業界の皆様の英知を結集し、これまでにないビジネスアイデアを検討・共有することで、課題解決に向けた第一歩とします。

参加いただきたい会員

本プロジェクトの趣旨に賛同いただける方の参加をお願いいたします。

スケジュール

9月30日(金):インプット講座(森林・木材に関する基礎知識を得る)

11月18日(金)~19日(土):インスピレーション合宿(森林の中で着想を得る)
                   東京大学 富士癒しの森研究所にて開催
                   (山梨県南都留郡山中湖村山中341-2)

12月8日(木):ビジネスアイデアソン(次世代のために知恵を出す)

参加費用

合宿のみ参加費を徴収

募集期間

イベントごとに募集

本分科会に関するお問い合わせ
プラチナ社会研究会
Save Our Forest!森林資源のフル活用に向けてスギの用途を広げるビジネスアイデアソン事務局
E-mail: p62-saveforest-ml@mri.co.jp 担当:岡田・宮崎

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録