プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

逆参勤交代構想分科会

第3回開催レポートを掲載しました

提案者

代表提案者:株式会社三菱総合研究所

概要

「逆参勤交代構想」とは、首都圏の大企業が社員の数%を数週間、地方で勤務(参勤)させる期間限定型リモートワークのアイディアであり、働き方改革と地方創生を同時に実現させる可能性を秘めている。

現在、企業では働き方改革、地域では地方創生の担い手不足が喫緊の課題となっている。これらを縦割りにでなく、包括的に解決することが必要である。

江戸の参勤交代が、街道や藩邸の整備を創出したように、現代版の逆参勤交代は、通勤時間短縮、家族や趣味の時間増加というライフスタイルをもたらし、地方にミニオフィスや住宅の需要を創出することが期待される。

本分科会は、逆参勤交代構想実現のために産官学でビジネスや政策アイディアを検討する。

プロジェクト内容

本分科会では、逆参勤交代構想に対する産官学からの期待やニーズ抽出と、実現にあたっての隘路とボトルネックを明確にし、求められるビジネスアイディアや制度設計、官民連携の可能性を取りまとめる。

来年度以降は、モデル事業化を目指すものとする。

参加いただきたい会員

・逆参勤交代構想に関心があり、働き方改革、リモートワーク、地方創生ビジネスに興味のある
  企業。

・わが街で逆参勤交代による地域活性化を進めたい地方自治体、教育機関、NPO。

活動スケジュール

・2017年6月~7月:プレサーベイ

・2017年11月15日:第1回分科会開催

・2017年10~2018年3月:2回程度分科会開催(予定)

・2018年4月以降:モデル事業開始(予定)

参加費用

無料

募集期間

2017年6月~7月

申込方法

詳細は後日ご案内予定です。

スケジュール

第1回 逆参勤交代構想分科会 [2017年11月 開催]

本分科会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会 逆参勤交代構想分科会事務局
E-mail: p66-gyakusankin-ml@ml.mri.co.jp  担当: 松田・奥村

関連する分科会

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録