プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

介護・医療、健康づくり分野における官民データの利活用分科会

メンバー登録受付を開始しました

提案者

代表提案者:株式会社NTTドコモ

共同提案者:淡路市、株式会社三菱総合研究所

協力団体:総務省、経済産業省など

分科会設立趣旨

IoT・BigData・AI時代においては、データの利活用の成否が、地域課題の解決のみならず、地域の競争力の差別化要因となります。

自治体に関しては、そのデータ利活用として、「都道府県官民データ活用推進計画」(2020年度末策定完了の義務化)や「市町村官民データ活用推進計画」(策定の努力義務)の策定が待たれていますが、地域課題に根差したデータ利活用の計画が反映できていない場合があります。

これらICT技術は、防災、医療・介護、農林水産業等、様々な分野での利活用が期待されていますが、ICTリテラシーがネックとなり、地域での利活用が進まないことがあります。

本分科会では、地域には様々な課題が存在しますが、「人間中心社会」の観点から、健康寿命延伸、住民のQOL向上、社会保障関係費の抑制・削減等を目指した官民データの利活用に取り組む研究の場を創出し、Society5.0社会の実現を目指します。

分科会の目標

<主に予防・健康事業を対象に(当面)>

○ IoT・ICT活用による政策・施策の効果測定(現場負担の軽減)

○科学的根拠に基づく政策・事業の企画・立案

○予防・健康事業を起点とした分野横断的な施策展開の方策の検討

○リファレンスモデルの創出

○民間活用の方策(成果報酬型事業のあり方の検討)

参加いただきたい会員

本分科会へのご参加は自治体の方のみとさせていただきます。

スケジュール

オープニングセミナー(企画発表会)

2019年8月22日(木)開催:
 (1)基調講演「総務省」
 (2)事例報告「淡路市」
 (3)H30総務省事業(三菱総研)
 (4)分科会活動方針(NTTドコモ)

第1回

2019年11月~12月(予定):
 (1)政策動向報告「予防・健康事業関連」
 (2)事例報告
 (3)アンケート結果(体操実施自治体でのIoT活用状況等)
 (4)ワークショップ(自治体同士のグループディスカッション)
   ・予防・健康事業における地域課題の洗い出し
   ・各自治体での取り組み・工夫の共有
 (5)自治体様向けソリューションのご紹介
 (6)懇親会

第2回

2020年2月(予定):
 (1)政策動向報告「予防・健康事業関連」
 (2)事例報告
 (3)ワークショップ
   ・分野横断的な施策展開、民間活用の方策
 (4)総括「総務省」
 (5)次年度の取組(案)のご紹介

参加申込方法

本研究会は自治体限定のメンバー登録制で開催・運営いたします。

参加ご希望の方は、下記専用サイトよりお一人ずつご登録ください。

申込専用ページ


ご所属組織が「プラチナ社会研究会」へのご入会がお済みでない場合は、この機会に是非ご入会をご検討ください。

プラチナ社会研究会へのお申込

自治体会員はお申込無料です。

本分科会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会
「介護・医療、健康づくり分野における官民データの利活用分科会」事務局
E-mail: p71-lg-iot@ml.mri.co.jp

関連する分科会

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録