プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

「継承可能都市研究分科会」キックオフセミナー

継承可能都市(Inheritable City)とは何か
  -都市への投資をストック化し、後世に継承し得る都市のあり方-

日本における都市への投資は、個別/短期にゼロベースでスクラップアンドビルドを繰り返すフローの営みでした。このため、このままでは日本では築き上げた経済的な豊かさを都市の姿に体現することなく、停滞・衰退に向かうのではないかと懸念されます。

そこで、過去のストックを的確に受け継ぎ、人々の生活の質(QOL)を高めるよう長期継続的に積み増していく「都市のストック化」の営みが必要です。また、低炭素かつ強靭でインフラ維持コストの低い「都市の持続化」を同時達成し、後世に受け継がれうる「継承可能都市」の形成が必要です。

継承可能都市の形成は、超高齢人口減少社会がさらに進展し、経済の停滞あるいは衰退が懸念される中、まだ経済大国としてとどまっている現在(いま)が最後のチャンスです。

今般、会員起案により、プラチナ社会研究会で「継承可能都市研究分科会」を設置し、継承可能都市の形成に向けた検討(海外視察も含む)を行います。さらに、日本でモデル都市を選定して取り組みを実践し、今後の横展開に向けた基盤を構築していきます。

第1回キックオフセミナーでは、継承可能都市の提唱者であり、本分科会起案者代表でもある中部大学林良嗣教授(ローマクラブ フルメンバー・日本支部長、前世界交通学会会長)から、長年にわたる研究成果を含めた基調講演をいただきます。次いで、分科会の進め方について事務局からご説明します。

プログラム終了後は、簡単な名刺交換・懇親会(無料)をご用意しております。是非ご参加ください。

多くの自治体関係者、都市計画/開発関係者の方のご参加をお待ちしています。

日時

2019年11月20日(水)15:30~16:50(開場15:00)

会場

三菱総合研究所 本社 4階会議室
 (東京都千代田区永田町二丁目10番3号)
 https://www.mri.co.jp/company/access/index.html

プログラム

【ご挨拶】 「プラチナ社会研究会のご案内」
         三菱総合研究所 プラチナ社会センター長 柏谷 泰隆

【基調講演】「継承可能都市とは何か」
         中部大学教授(ローマクラブ フルメンバー・日本支部長) 林 良嗣様

【今後の分科会の進め方について】
         三菱総合研究所 営業本部 長谷川 専

【閉会】  ※閉会後、簡単な名刺交換・懇親会(無料)をご用意しております。

     ※内容は変更になることがありますので、予めご了承ください。

申込方法

下記専用サイトよりお一人ずつお申込ください。
  ※定員に達した時点で締め切らせていただきます。

 

申込専用ページ


>継承可能都市研究分科会


本分科会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会
「継承可能都市研究分科会」事務局 担当:長谷川・平石・高橋
E-mail: p76-keisyo@ml.mri.co.jp

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録