プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 

地震による減災を共に考える分科会 第1回

―地震予測情報の有効活用を踏まえた検討―

「地震による減災を共に考える分科会」は、地震予測情報(場所、規模等)に関して、受け手の理解につながる提供方法を検討するとともに、この情報も活用しながら、万一の地震の際に住民被害を最小限にとどめるための方策について検討することを目的とします。

第1回は、代表提案者 インフォメーションシステムズ様から地震予測情報の現状について、弊社研究員からリスク情報を扱うリテラシーや各種予測情報の現状について共有させていただいた上で、リスクや不確実性の中で地震予測情報を誤解なく利活用するための基礎情報についてワークショップで皆様に議論いただく予定です。

是非多くの皆様のご参加をお待ちしております。

開催概要

日時

2020年1月17日(金)10:00~12:30(開場9:30)

会場

三菱総合研究所 大会議室

プログラム

1)分科会起ち上げの趣旨説明、参加者自己紹介

2)講演:
  「地震予測の情報提供における現状と課題」
   インフォメーションシステムズ株式会社

  【話題提供】リスク情報を扱うリテラシー、各種予測情報の現状
   株式会社三菱総合研究所

3)ワークショップ:
   リスクや不確実性の中で地震予測情報を誤解なく利活用するには
    サブテーマ1:受信者に誤解なく理解していただくために発信者が開示しておく情報とは
    サブテーマ2:受信者が誤解なく理解するために、受信者が備えておくべき基礎知識とは
    サブテーマ3:地震予測情報におけるあるべきリスクコミュニケーションの姿

4)事務局よりご連絡
   今後のスケジュール

 ※内容は変更になる場合があります。予めご了承ください。

参加費

無料

申込方法

第1回へのお申込受付は終了いたしました。

※本分科会はメンバー登録制で開催・運営しております。今後のご参加を希望で登録がお済みでない方は、こちらからメンバー登録お願いいたします。

>地震による減災を共に考える分科会

本分科会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会
「地震による減災を共に考える分科会」事務局  担当:高橋・東穂
E-mail: p77-jishin@ml.mri.co.jp

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録