プラチナ社会研究会 新産業は、人が輝く暮らしから

分科会

 
産業経済雇用 2021年1月6日

コロナ禍を機に、働き方の多様性を障害者雇用の視点から考える分科会

第2回(1/19開催)ご案内ページ

提案者

代表提案者:株式会社フジクラ

共同提案者:株式会社アクティベートラボ

分科会の目的/背景

〇障害者雇用を起点に、「多様な働き方」とは?を具体的に考える

〇具体的には下記を実施することとする
  ・障害者雇用の理解を深め促進ができるように、認識・情報を共有する
  ・「多様な働き方」のシミュレーションを行い、共有する

分科会内容

〇障害者をエキストリームユーザーとして多様性のある雇用を考える

〇グループワークを通じて、自社の現状や課題を認識し、ダイバーシティ経営に向けたストーリーづくりを行う

(a)ショートワーク&現状整理
  ・コロナ下で変化が生じた生活や働き方に関する振り返り
  ・障害者雇用を取り巻く現状に関する情報提供
  ・自社の現状確認と課題を整理

(b)シミュレーション
  ・自社の企業の多様性受け入れ準備確認
  ・「多様な働き方」を企業の戦略上どう位置づけるべきかを議論

参加いただきたい会員

〇自社の障害者雇用に課題を感じている方

〇自社のダイバーシティ経営に課題を感じている方

〇経営企画や人事企画ご担当者、またこのテーマにご関心のある方

スケジュール

第1回:2020年12月15日(火)15:00~17:00

第2回:2021年1月19日(火)15:00~17:30

本分科会に関するお問い合わせ
三菱総合研究所 プラチナ社会研究会
「コロナ禍を機に、働き方の多様性を障害者雇用の視点から考える」分科会事務局
E-mail: p79-diversity@ml.mri.co.jp 担当:水田・高橋・宇都宮

株式会社三菱総合研究所理事長 小宮山宏

アンケート

このページのトップへ

三菱総合研究所関連リンク: MRI大学関連事業

Text Resize

-A A +A

小宮山宏 講演録